結婚後に働くかどうか、また相手の職業も必ず確認する

aitenoshokugyou

結婚した後妻は働くかどうか、というのは事前にしっかりと話しておくべき内容です。男性次第ですが、妻には家に居てもらいたいという人もいれば、自分の稼ぎだけでは生活が厳しいので妻にも働いて欲しいなど、様々なのです。

 

そして、この働くかどうかについてを結婚前にクリアにしておかないと、後々トラブルの原因になりますので要注意。特に、女性は働きに出たいけど夫がそれを許してくれない、というケースは根が深いです。

 

それはエリート男性にありがちなのですが、やはり妻は家のことをして自分の帰りを待っていて欲しいと考えているからです。にも関わらず、それに耐えられなくて働きに出れば、結果は火を見るより明らかですから、結婚前にお互いの認識を共有しておくことは必須となるのです。

 

このエリート男性つながりで見ていきますが、いわゆる高学歴高収入の人というのは婚活市場では引く手あまた。でも、エリートならではの問題点もあります。それはまず、一般男性よりもプライドが高い傾向がある点です。ひどい人になれば、一緒にいるのが苦痛にすらなるので、その辺は相手のスペックに流されることなく吟味することです。

 

そして更に、精神的にもろい場合も見受けられます。なぜなら、これまでとんとん拍子でエリート街道を歩いてきたために、挫折を味わっていないからです。ですので、人によっては些細なことでウジウジしたり、その場その場で臨機応変に対応することが出来なかったりするので厄介です。

 

エリート男性というのは社会的な地位がある反面、一般的なサラリーマンに比べると激務の場合が多いです。となると、自然と、夫婦一緒の時間が限られてしまう上に休日も少なかったりで、女性が寂しい思いをするものですからそこは覚悟しておかなければなりません。多くの人は、スペックが高い男性と結婚すれば幸せになれると思いがちですが、それはとんだ誤解なのです。エリートにはエリートなりの問題点もあるので、トータルで判断すべきでしょう。

 

 

婚活では相手の職種を詳しく聞く

さて、次に、結婚相手の職業について見ていきます。夫婦で一緒にいる時間があまり持てないのは、何もエリート男性に限られたことではありません。職種によってはかなりハードな状況下に置かれることもありますので、スペックや外見ばかりでなく、内容についても掘り下げておくことです。

 

相手の仕事がいわゆる激務で、早朝から深夜まで働き尽くめで、休日もままならなかったとします。果たして、そうした生活にアナタは耐えられますか。例え、高収入であっても、そこに二人の愛を育む時間がなければ決して幸せとは言えません。また他に、夫が転勤族だった場合です。国内でも頻繁な引越しには抵抗があるでしょうが、それが海外ではどうでしょう。

 

そもそも知り合いのいる住み慣れた土地を離れることは、精神的にも大きな負担となります。そこに来て、言語や生活習慣の違う国へ行かなければならないとすれば、心理的ストレスは多大です。勘違いしないで欲しいのは、海外への転勤は旅行とはまったく違うということ。生活するとなれば、様々な問題に直面するのを避けては通れないのです。

 

更に、転勤族によく見られるのが、夫の仕事の手伝いを妻が何らかの形でさせられることです。週末に友人知人、あるいは会社の同僚や部下を呼んでホームパーティーを開いたとします。そのときに嫌な顔ひとつせず、夫のサポートが出来るでしょうか。

 

あるいは、その場を皆と一緒に毎度毎度楽しめるでしょうか。そうした場が好きな女性であれば問題ないでしょうが、どちらかと言うと苦手だという人は、転勤族の男性と一緒になったらあらゆる面で苦労します。

 

このように、相手男性はスペックや外見のみで判断せずに、しっかりと中身を吟味して、お互いの理解を深めることが肝心となるわけです。

 

 

 【女性の短期結婚法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL