婚活の場でアルコールは飲まない

アルコール

婚活、特にお見合いではアルコールを飲んではいけません。アルコールを飲むと気持ちがリラックスできて、緊張もほぐれるというメリットはありますが、それ以上にデメリットの方が大きいものです。

 

まず、人生の伴侶を見付けるという神聖な場でアルコールの力を借りるのはフェアではありません。緊張感など全部ひっくるめて、相手はあなたという人間そのものを見ているのですから、そこで安易な方法を選択しないことです。

 

また、良かれと思って相手に勧める人もいますが、まずはアルコール抜きでデートを重ねることです。お酒に酔ってしまうことで気持ちが大きくなり、とんだ失敗をすることだって考えられます。お互い慣れてからであればなんてことないものでも、知り合って間もない段階だと、それが原因で破綻することが多々あります。

 

例えば、相手のことを「ちゃん」付けで呼んだり、敬語を使わずに会話の節々が雑になる。また、態度がどこか横柄になるなど、お酒が入ると普段の平静さを保つのが難しくなってしまうもの

 

しかし、一方で「酒乱」の気がある人の場合、それは絶対に事前に知っておく必要がありますので、何もデート全てにおいてお酒はNGと言っているわけではありません。あくまでも知り合った「初期の段階」の話です。そして、回を重ねていく上で、アルコールを飲む場もきっと出てくることでしょう。そしてそこで、今まで知らなかった相手の内面に気付いて、より距離が縮まることだって確かにあります。

 

 

目的は、「幸せになりたい」

ですから、まずお見合いの初期ではアルコール抜きで相手と交際を続け、除々に打ち解けていくのがベターでしょう。よく婚活の手法のひとつに「合コン」も挙げられますが、これはオススメしません。合コンというのは「お酒ありき」の場ですから、どうしてもその場の雰囲気(ノリ)が軽くなってしまいがちですし、集まってくる人たちのスタンスも軽い場合があるのです。出会いの場であるのは同じですが、人生の伴侶を見つけるという意味では少し距離を空けて捉えたほうが良いでしょう。

 

最後に、今まで異性と対峙した経験があまりない人にとって、お見合いというのは緊張して当たり前の世界です。言ってしまえば、緊張しないほうがおかしいのです。そんな場に、「幸せになりたい」という明確な目的を持って皆さん集まってきているわけですから、背筋を正して誠実に向き合うべきなのです。

 

 

  【お見合いのコツ】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL