美しい歩き方でモテる女性になる

美しい歩き方

女性は、歩き方を美しく見せる努力をすべきです。世の男性陣は、女性の歩き方をよく見ているものだからです。それは意図的であれ無意識であれ間違いのない事実です。女性の歩く姿を見ない、もしくは視界に入っても何の関心も持たないという人は実に稀。多くの男性が注目するポイントだからこそ、美しく見せることを怠ってはいけないのです。

 

時に、びっくりするような歩き方をしている女性を見かけます。身なりは綺麗にまとめられているのですが、肝心のところがなんと、ガニ股。一昔前の柔道家やチンピラに良く見られた、あのつま先を外側に向けてノシノシと歩く姿を女性がしているというもの。これはもはや、ビックリというよりも滑稽ですらあります。本人的には『致し方なく』の部分があるのでしょうが、これは何としてでも矯正する必要があります。

 

一番楽だからその歩き方をするのだと察せますので、やはり修正するには多くのハードルがあるでしょう。でも、年頃の素敵な女性がガニ股のまま年を重ねるほど辛く、不幸なことはありません。いま、このタイミングで直しておくことが間違いなく最善の策となるはずです。

 

歩き方ひとつで男性の印象は変わります。どれほど美しくても、歩き方がダメでは結婚相手の候補からは外れてしまうでしょう。誰だって肩を並べて歩いた際に、パートナーがガニ股では耐えられないものです。

 

大げさに言うと、外に出れば、女性の一挙手一投足を男性は見ているのです。今日着ているファッションからさり気ない仕草まで、意識的ではないにしても、結果的に逐一観察していることになるのです。そこで特に、女性の後ろ姿を男性は見ているのです。前を歩く女性がいれば、敢えてそこでわざわざ視線を横にずらす方が不自然ですので、ぼんやりとではあっても見ているはずです。

 

その女性の歩き方ですが、前からよりも後ろからの方が断然、姿勢の良さ、つまり美しさを確認することが出来ます。歩き方が綺麗な女性は、もうそれだけで男性を魅了するのです。ですので逆に、歩き方がまずいと男性からは相手にされません。それどころか、度合いに応じては不快感すら与えるものです。この事実を忘れないように歩くことです。

 

 

努力次第で圧倒的な『美』が手に入る

ガニ股や違和感のある歩き方をする女性に対して、『美しい』、『綺麗』と感じる男性はいません。なぜなら、人間は本能的に美しいものが好きというDNAが刷り込まれているからです。ガニ股や極端な内股を綺麗と感じる人などは皆無。

 

しかし、美しい写真であったり、圧倒的なスケールの山や海には誰もが魅了されます。それは生まれながらの、本能的な『美への認識』が影響しているからです。ですので、女性ばかりか男性も、普段から美しく、綺麗であるべきなのです。

 

男性の話で少し脱線しますが、かつては、「男は中身で勝負」、と良く言われました。このフレーズの意味するところには、外見は多少悪くてもOK、というニュアンスが内包されています。しかしさすがに、今の時代にこのフレーズは通用しません。中身はもちろんですけど、何よりも最初は、「男は外見で勝負」の心構えで挑むことです。

 

でないと、いくら中身が良かったとしても、女性が楽しい気分になれないからです。中身を磨くのは外見をスタイリッシュに決めてOKが出た後で十分間に合います。今の時代のスタートダッシュは、外見の良さが全てを握っているのを忘れないように。

 

次に女性について話を戻しましょう。女性の美しさは歩き方に宿りますから、可能な限りアナタの後ろ姿を見た男性を振り向かせることです。実際、美しい女性とすれ違った後には、ほとんどの男性が振り向くのです。これはもう、男の性です。ですので、どれだけ振り向かせることができたかというのが、アナタという人間が持つ魅力の実数点となります。

 

ここで、「赤の他人が振り向くかどうかなんて関係ない」と切り捨てる女性もいるでしょうが、そんな人は間違いなく綺麗ではないはずです。そんなことを言う女性が美しかったためしがないのです。

 

変に卑屈にならず、歩き方の美しさを追求する。顔そのものを綺麗に見せるという話ではありませんから、努力次第で誰もが美しくなれる可能性を秘めています。背筋がピンと伸びて颯爽と歩く女性の姿に、多くの男性が目を奪われます。ならば、今度はアナタがそうした男性陣の視線を独り占めする番です。是非、徹底した努力で幸せを掴んでください。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL