ファッションがダサイだけでは片付けられない問題がある

bamma

異性と出会う際に気を付けなければならないのが、“外見”です。ここで言う外見というのは何も、顔立ちが整っている、背が高い、筋肉質で男らしい、といった容姿のことを指しているわけではありません。自分の意思次第で何とでもなる、清潔感のある格好だったり、髪型といった変化させることが可能な部分です。

 

よくある話しなのですが、お見合いの場ではバリッとしたダークスーツに身を包み紳士的な装いだった男性が、いざ私服で会うと目も当てられないダサイ格好をしていて幻滅したというのがあります。丈の短いジーパンにカラーシャツをしまい込み、スニーカーを履いたスタイルで登場したそうですが、それでは確かに初対面とのギャップが大きくて、その反動で失望感も増えてしまうのです。

 

ファッションに興味のない男性が多いのも事実ですが、まったく無頓着では今の時代、婚活を成功に導くのは困難です。何もブランド物や流行を取り入れた格好をする必要はありません。必要最低限で構いませんので、異性が見て違和感を感じるような格好はしないことです。

 

ファッションなんかに気を使ってられない」「そんなのを気にする女性はこちらから願い下げだ」「外見よりも内面で勝負したい」と、もちろん反論もあるでしょう。でも、まず冷静に捉えて頂きたいのは、そんなことを言って肝心の相手がいなくなってしまったのでは話しにならないということ。ですからここは、男性の方が一方譲って、最低限の“外見”を入手することが望まれるのです。

 

 

分からないことは店員のアドバイスを素直に受ける

難しいことはありません。雑誌やネットを活用してコーディネートする方法が一般的ですが、今の時代は自分主導ではなく、もっと別で確実な方法もあります。それは、ショップの店員にトータルコーディネートを任せてしまうこと。

 

正直に、「今までファッションに無頓着だったものですから何を着て良いのかあまり分からないんです。オススメのコーディネートを紹介してもらえませんか?」と尋ねれば、相手は洋服が好きで好きでたまらない人たちですからきっと喜んでサポートしてくれるはずです。

 

その際のショップ選びですが、当然トータルコーディネートが可能な品揃えと一般的な価格帯、オシャレなブランドである必要があります。オススメはやはり、万人受けする“ユニクロ”や“GAP”、若干値の張るハイブランドの“ラルフローレン”などが廃れることのない本命どころでしょう。

 

また、この時、「全身同じブランドで大丈夫なのか?」という疑問が出るかもしれませんが全く問題ありません。今どき全身同ブランドだからといってそれに言及すること自体ナンセンスです。むしろブランドを統一した方がより見栄えが良くなるものなのです。

 

「外見を気にするのは柄ではない」という人の気持ちも分かります。しかし、そこで我を通すのではなく自らが大人になって一歩譲り、まずは誰が見ても印象の良い装いに身を包むことです。

 

福岡県で20年間に渡り仲人・結婚相談サービスを運営する婚活コンシェルジュは言います。「ファッションのまずい男性はそこからの進展は期待できません。それに自分の外見すら変えようとしない人が中身を変えられることは経験上ありませんので、そういう人は結果的に相手から避けられるんですよ」。ファッションに関しては、単に“ダサい”だけでは片付けられない問題がそこにはあるのです。

 

 

 【30代独身男性の結婚観】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL