自信が無いため積極的に連絡出来ない男性たち

shyness

30代独身男性に見られる傾向として、“消極的”な性向が挙げられます。合コンや飲み会などに参加して、その場では大いに盛り上がっても、肝心の相手女性の連絡先を聞かない男性のいかに多いことか。傍から見れば、「いったい何をしに行っているの?」と不思議に感じます。いざという時にもう一歩踏み込めずに、チャンスをものに出来ていないわけです。

 

また、連絡先を聞かずに、自分の番号を渡して連絡を待つ受身の男性もいます。男のくせになんと格好の悪いことでしょうか。でも現実に、相手の動向に身をゆだねて成り行き任せにする人は多いのです。

 

他にも、連絡先を聞いて一度電話してつながらなかった為に、それだけで諦めてしまうというのもあります。たったの一度連絡がつかなかったからといってそこでサジを投げるのは時期尚早です。相手にだって当然事情がありますし、もう一度アナタが電話をかけてきてくれることを信じて待っている場合もあるのです。

 

では、なぜこれほど消極的で、自分から何かをしようという意識が低いのでしょうか。上記はすべて、「もし○○だったらどうしよう」という不安の現れであり、自分が傷付くことを恐れてのものなのです。

 

「番号を聞いても教えてくれなかったらどうしよう」「何度も電話して嫌がられたらどうしよう」と、つまり自分がダメージを受けることなく安全な場所にいたいのです。そして、この不安というのは、“自分に自信がない”がために起こるものなのです。

 

 

自信がない人は相談相手がいないことが多い

30代の独身男性から取ったアンケートによると、「自分にまったく自信がない」と答えた人は、なんと全体の20%もいる事実があります。収入や容姿など、いわば自分自身を否定してしまっている男性がこれほど多いという事実に驚きます。しかし、これが30代未婚男性の現実です。

 

そして、それに関して更に興味深い内容があります。自分に自信がない人の多くは、相談相手がいないことを挙げているのです。その数は、35.5%にも上がります。しかも、内向的な男性が多いのかと思いきや、活動的な男性に関しても相談する相手がいないで苦しんでいる実情があります

 

それほど異性に関する話題というのはナイーブな問題なのでしょう。ここで、家族や友人知人に思い切って相談してみるのが最善の策ではありますが、“近いからこそ”、そう簡単に行動に移せない人の心境も確かに理解できます。

 

今の時代、あらゆる情報がネット上に網羅されています。そこから自分に合う情報をピンポイントで見付け出して利用する手もありますし、お金を払って専門の人のサポートを受ける方法だってあります。

 

時代の流れと共に、各人のスタイルも多様化する中では、書籍や身内を頼りにするという画一的な手段はもはや通用しないのかもしれません。ですので、自分に合う方法をいち早く見つけ出して問題を解消することです。一番のリスクは、誰にも相談出来ずにひとり悶々と貴重な時間を消耗することなのです。

 

 

 【30代独身男性の結婚観】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL