ビールは喉を鳴らさずに静かに飲む

beer

綺麗な食べ方についての次は、飲み方にも焦点を合わせてみましょう。結論から言ってしまえば、食べ方のコツである「ゆっくり少しずつ」を踏襲した形になります。つまり、「音を立てないで紳士的に」です。

 

これは特に、ビールを飲むときなどに注意が必要です。そう、海外では決して「ゴクゴクッ!」と喉で音を鳴らすかの飲み方はしません。いや、飲食時には「音を立てる」こと自体が下品になるのでそもそもしてはいけないのです。

 

しかし日本では逆に、テレビCMでそうした飲み方を推奨している現状があります。喉で飲むのが一番旨いんだ、と。確かに今の時代、そこまで気を使うことはないのかもしれませんが、皆さんのように婚活中の人たちにとってはNGです。ゴールするまでは、あくまでも正式な作法にこだわって下さい。

 

誤解しないで欲しいのですが、ビールは喉を鳴らして「ゴクゴクッ!」と飲むことが旨いのは百も承知です。でも、旨いからそうするというのでは、ご飯にしても勢い良くかっ込むのが一番旨いという話しになりかねません。つまり、本来の“作法”自体が成立しなくなるわけです。

 

スマートな男を演出するのであれば、まずはどこに行っても恥ずかしくないマナーを学ぶことです。海外に行けば分かりますが、喉を鳴らしてビールを飲む国などはどこにもありません。唯一、一気飲み大会だとか、何をしても許される場でなければまずお目にかかれないはずです。「音を立てて飲み食いするのが下品」だとする文化ですからこれは当たり前ですよね。

 

 

少しずつ喉に落とし込むイメージを持つ

今でこそラーメンや蕎麦といった日本食が海外進出するようになって、「音を立てて食べる行為」が認知されるようになりましたが、それまでは、音を立てて料理を食べようものなら文字通り“白い目”で見られていたのです。私たち日本人の立場で例えるならば、ずっと大口を開けて中のものが見える状態で食べ続けるほどに酷いことなのです。

 

海外と日本では飲み方や食べ方の違いは歴然としています。中には、私は日本人なのだから日本式の食べ方で押し通す、という人も当然いるでしょう。勿論それに関して否定はしませんが、何度も言うようにそれが婚活中の人であれば話しは別です。

 

マナーを守るというのは、異性との出会いの場では最低限押さえなければならないことですから、それが嫌なのであればアナタに婚活をする資格がないということ。その辺の認識は履き違えないようにしましょう。

 

ビールに限らず、美しい飲み方のコツは決して喉を鳴らすことなく、スーッと喉に落とし込むことです。「音を立てない」ことを意識すれば、自然とスムーズな飲み方は可能ですから、欲張らずに「少しずつ」飲む作法をマスターしましょう。

 

 

 【婚活のマナー】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL