ブスは下品な話題はNG、美しい女性のみに許される

ブスと美人

いくらキレイごとを並べても、結局女性を計る指標は、『ルックス』が多くを占めています。もちろん、「人は顔ではない」という男性も存在しますが、一般的にルックス重視の人がほとんどなのです。

 

そこでひとつ、ルックスに自信のない女性陣は気を付けなければなりません。それは、話題のネタにしようと『失敗談』を話さないことです。言い方は悪いですが、ブスの失敗談などは誰も聞きたくありませんし、結果的にそれで場が盛り上がってもアナタに惹かれる男性が出て来るのは望めないのです。

 

しかし一方、誰もが羨むような美貌を持った女性が失敗談を話したとしたらどうでしょう。それはもう、手放しで面白いのです。美しい女性の完璧でない姿ほど興味深いものはありません。

 

例えば、ある美しい女性は、トイレでトイレットペーパーが無くなって途方に暮れてしまい気付けば2時間もトイレに籠もっていた、なんて話をしました。これには周りの人は皆爆笑だったわけですが、これは、その女性と内容とのギャップが非常に大きいために痛快な話となったのです。これがブスであればどうでしょう。そんなことはどうでも良いと、ひょっとしたら誰も相手にせず、爆笑が起こることなどもない場合があるのです。

 

トイレの話しは一般的には下品な部類です。その下品な話をしても許されるのは話し手のルックスが良いからに他なりません。ここでブスが同じように話しても、汚らしいだけで終わるのです。

 

顔に自信が無い人は下ネタは厳禁、そして失敗談を話すときは慎重に内容を吟味した上で話すようにします。友人に話すテンションで、勢い余っていつものように男性に話してしまうと後の祭り。かなり気まずい空気になってしまう危険があることを覚悟しておかなければなりません。

 

ココでは、本気で婚活に挑んでいる女性を対象にしてノウハウをレクチャーしています。だからこそ、辛辣な内容も含んでいるのです。キレイごとを抜きにして話せば、やはり女性は顔で判断されるケースが大半

 

顔が良ければ評価が高く、そうでなければ評価は低い、というシビアな現実があります。これはもうどうすることも出来ない世の中の価値観です。そのため、ただでさえマイナススタートの女性陣が、下品な失敗談で更に自分の首を絞めるようなことなどあってはならないのです。

 

 

ブスを悪く言わないのは本が売れなくなるから

巷に溢れる婚活本や雑誌には、ここまで美しい女性とブスな女性を比べて言及しているものはありません。なぜなら、ここで言っているような内容を書いてしまったら全国のブスを敵に回し、本が売れなくなるからです。売れなければ書き手はメシを食べていくことが出来ませんので、そんなことには決して触れないわけです。

 

でも、よくよく考えれば、本が売れる売れないの問題ではなく、女性陣に現実をストレートに伝えなければ、結果的に彼女らの人生を狂わせることになります。本当に婚活者の立場でものを考えているのであれば、その辺のリアルを伝えないことほど罪深いことはありません。

 

当サイトでは、印象を強調させたい内容のために、敢えて顔に自信の無い女性を指して「ブス」と表記しています。そして、このブスな女性たちに関しては、失敗談を極力言わないことが成功の秘訣となります。

 

失敗談というのは本人の間抜けな部分が全面に出たものが大半。周りの人たちを楽しませたり盛り上げたりするにはもってこいなのですが、果たしてその女性本人と結婚したいかどうかとなれば話は別です。きっとほとんどの男性はそうしたお笑い芸人のような女性を結婚対象に入れることはないでしょう。

 

ちなみに、失敗談の話しつながりで覚えておいて欲しいのが、下品なネタはおろか、料理が苦手系の話題もNGだということ。男性は女性の料理に対して夢を描いている人がほとんどですから、その料理に関するマイナスな話題は相手の夢を壊すのと同時に、アナタ自身結婚対象から外されてしまうのです。『料理がうまい女性』を期待している男性の前では、それに関するマイナス要素は一切触れないことです。

 

女性が失敗談を話しても許されるのは綺麗な女性に限られたことで、ブスな人は触れてはいけません。というよりも、敢えて触れる必要などはどこにもなく、もっと他の有意義な話題を楽しんだ方がお互いにメリットがあるわけです。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL