女性特有の病気に備える“がん保険”を確認する

cancer-insurance

「回りが入っているからなんとなく」加入しているケースの多い民間の生命保険ですが、ここで今一度その必要性について見ていこうと思います。

 

まず大前提に、生命保険にはお金がかかるということ。それこそ保障の範囲によってピンからキリまでありますが、だいたい掛け金は5,000円~15,000円がボリュームゾーンとなってきます。しかし、よく考えてください。この金額はあくまで月額で、年額にすると、6万円~18万円のコストがかかってくるということです。果たしてこの金額に見合った保障が、今のアナタに必要なのかということです。

 

民間の生命保険に対して多くを求めてはいけません。また、もし求めるならば、その要求に応じて保険の掛け金も上がっていくことをまずは理解しておきましょう。

 

 

シングル女性に医療保険や傷害保険は必要なのか

生命保険会社の扱う「医療保険」についてですが、これは病気や怪我をしたときに日額で給付金が支払われる商品です。これは基本的に通院では対象とならず、治療のための入院や手術をしたときに支払われます。そして、この日額は契約時に自分で決めた額となっていて、5000円/1万円の2パターンがほとんど。

 

しかし、この医療保険については入院支払い日数の制限や、そもそも最近は大病であっても入院日数が減少傾向にあるので、必ずしも入っておくべきものではないとも言えます。その分、その掛け金を貯蓄に回しておくなどの方法もあるわけです。

 

次に「傷害保険」ですが、これは日々の生活でケガをして通院や入院をした時に日額で保険金が支払われる商品です。でもこの傷害保険は、“外部からの作用”であることと、“突然起こり”、“偶然性”がないといけません。この3つの要素を満たして始めて、支払い対象となってくるものです。

 

そして、女性特有のがんに対しての保険についても確認しましょう。乳がんや子宮頸がん、といった病気がそれに当たりますが、これらはシングル女性に限ったものではありません。どの女性でもかかり得る病なのです。

 

また、こうした病気の治療は日々進化を遂げていますが、転移や再発などのリスクがあり、更に病気によっては長期化しやすい傾向があります。そこで、こうした問題を民間の保険会社は「がん保険」という商品でカバーするわけです。

 

「がん保険」は医療保険とは違い、入院日数の限度がなく給付金も制限なしで受給できるなど、「がん」に絞った商品なだけにその内容は充実しています。最初はどうしても、医療保険や傷害保険、死亡保険といったものに目がいきますが、こうした女性特有の病気に対する保険のほうが意外とメリットが高い場合もあるので欠かさずチェックしておきましょう。

 

 

 【シングル女性の生きかた】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL