平服とフォーマルウェアの格好を学ぶ

社会に出ると、宴会やパーティーに招かれる機会が多くなるものです。そこでは、学生の頃には気にも留めなかった「服装」で悩むことがあります。   婚活にも言える事ですが、送られてきた招待状に、当日の格好について、「平…

formal wear

ハンカチとティッシュを常備すること

誰が見ても好感を覚えるような、洗練された外見を手に入れる。そして次は、常備するものにも目を向けましょう。   ハンカチとティッシュ(鼻紙)がそれです。これは幼いころから毎日、親に口がすっぱくなるほど言われたであ…

handkerchief

下着だからこそおろそかにしてはいけない

日本の男性は、あまり下着にこだわることがありません。これは、下着に強い関心を持つようでは“色魔”のイメージが先行してしまい、いわゆる理想的な男性像とはかけ離れてしまうのが根底にあるからだと思われます。   異性…

underwear

迷わず黒の靴下を用意しておく

靴下を履かずに素足でローファーを履く。かつて、ある芸能人のファッションスタイルが一世を風靡したことがありますが、やはり素足で靴を履くのは邪道。ファッション上級者の“芸能人”が気負わず、サラリとこなすから格好良いのであって…

black sock

高価な靴を買うメリット

靴との付き合い方について、是非、覚えておいて欲しいことがあります。それは、安物を購入してダメになる度に買い換えるのではなく、少しばかり背伸びをしてでも高価な物を手に入れて、それとずっと長く付き合っていくことです。 &nb…

costly shoes

靴を綺麗な状態にキープし続ける

昔から言われるセリフに、「足元を見られる」というのがあります。起源は、盗人が盗品を故買屋に買い取らせるときに安く買い叩かれることから来ているのですが、婚活でいうそれはもっとストレートです。   単純に、しっかり…

shoe

素材に拘った黒のネクタイを持っておく

「ネクタイ選びで迷った際は無地のシンプルなものにする」、という話しをより掘り下げてみます。   ネクタイに合わすスーツについてですが、こちらは一見単色に見えてもその実、ストライプが入っていたり同系色の柄が隠れて…

tie

ネクタイは無地なものを選べば間違いナシ

男の身だしなみのひとつにネクタイがあります。私服のときならいざ知らず、正装でのシチュエーションの時にはネクタイの柄でその人のセンスが分かるものです。   では、いったいどういうネクタイを選べば間違いがないのか。…

tie

香水はごく微量をさり気なく

香水について焦点を合わせてみましょう。   一般的に、香水は女性がつけるものだと思われていますが、男性がつけても何ら問題はありません。むしろ、つけ過ぎにさえ気をつければ「つけるべき」時もあるのです。 &nbsp…

perfume

冠婚葬祭は“心から”でなければ意味がない

婚活とは若干話しが逸れますが、「作法」を見ていく上では重要なウエイトを占める「冠婚葬祭」での身の振り方や、思考について確認しておきたいと思います。   冠婚葬祭とひと口に言っても、「嬉しいもの」、「悲しいもの」…

ceremonial functions