限度額適用認定証をいち早く申請する

certificate

国民皆が幸せな生活を送れるように、少しでも経済的負担を軽減させようと定められたのが公的医療制度の“高額療養費制度”です。しかし、いくら手厚いサポートが為されるとはいえ、手放しで過信するのは避けるべき。それは制度である以上、どうしても限界があるからです。

 

では、どんな限界があるのかについて、ココで見ていきます。

 

先の計算方法に倣い治療費を算出するわけですが、大病であればあるほどに、その治療費は高くなります。最先端の手術を施し入院をしたとなれば、場合によっては自己負担額が10万円を超えてしまうことだってごく稀にあります。

 

そしてこの10万円という数字は、一般的な家庭の家計を圧迫するのに十分過ぎるほどの金額です。それどころか、この治療費を支払ってしまえば当月の生活が危うくなってしまう家庭も多いことでしょう。それなりの貯蓄がある人であればやり過ごすことも可能でしょうが、実際は十分な蓄えがなく、そうもいかないのが現状です。

 

更に、この制度で注意すべきは、入院時の「差額ベッド代」や保険適用外の「高度先進医療」の費用が対象とならない点です。つまり、この2点については全額の100%を自分が支払う必要があるわけです。そのため、例えば入院した時に大部屋よりも個室が快適だからといって安易に選択してしまっては、会計の時にとんだしっぺ返しを受けることになります。

 

 

高額療養費制度の適用前は“限度額適用認定証”を忘れずに

高額療養費制度は国民の生活に寄り添う、頼もしい制度である反面、上記のような注意点と、「支払いまでの期間」にも目を向けなければいけません。なぜならこの制度は、申請から負担金の払い戻しまでに数ヶ月かかることもあるからです。言ってしまえば、決して処理の早い制度ではないということです。

 

そうなると当然、患者には一時的にではありますが、高額な治療費を立て替える必要が出てきます。しかし、「立て替える」と簡単に言ったところで、先の10万円どころか、高額療養費制度の適用前の医療費を肩代りすることになります。ですから、その額は数十万円に及ぶことだってありますから事態はかなり深刻です。

 

なので、そうした事態を事前に回避するために、「限度額適用認定証」というものが用意されているのです。これは自分が加入している保険の窓口に申請すれば直ぐ発行してくれるもので、高額療養費制度が適用される前の医療費を立て替える必要のない証明書となります。

 

つまり、本来であれば申請から数ヶ月かかる高額療養費制度を、最初から使用出来るものとなっていますので、大きな病気をしたときは迷わず使うようにすべきです。

 

 

 【シングル女性の生きかた】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL