チャンスは相手が興味のある話をし出した時

チャンスのタイミング

お見合い中に、ある時、「お互いの気持ちが良い方向へ行っているな」と感じることがあります。その起点となるのが、相手の女性が好きなテレビ番組だったり洋服、食べ物といった普段のなんてことない好みをしゃべり出した時です。

 

そして、このタイミングを男性は決して見逃してはいけません。

好みをしゃべり出す=チャンス

であることをしっかり認識した上で、その後の話の流れをスムーズにもっていく必要があります。

 

なぜなら、女性が日常の好みを話すというのは、明らかに相手に心を開き出している証拠だからです。また、好みを話すというのは実は、女性にとって自分自身のことを話すのと同等のハードルがあるのです。そうなれば、その好機を逃す手はありません。

 

間違っても興味がないからといって気のない返事をしないように。これは自分に置き換えて見れば分かりやすいのですが、自分の関心があることを話している時に相手が上の空だったらどんな気分でしょうか。お見合いの場でなくても嫌な気分を味わいますよね。相手が嬉々として話す内容には、例え興味がなくても注意深く耳を傾けて相槌などリアクションを返すことです。また、そうしていると相手の楽しそうな様子が伝染して、こちらもどこか嬉しくなるものなのです。

 

 

昔ながらの手法が効果的

お見合いという場ですと、どうしても堅苦しい話から始まるのが通例です。しかしそれは無理もないこと。元々、交際経験が少なく慣れていないわけですから、プレイボーイ(ガール)のような立ち振る舞いが出来ないのは当たり前ですし、誰もそれを求めてはいません。

 

ですからありのままの自分で、背伸びをすることなく話をしていくのがベストなのですが、どうしても最初の堅苦しい話から進展しなかったり、あるいは途中で話が途切れたりしてしまうことは多々あります。そんな時の打開策は、なんでも良いのでごくありきたりの質問をしてみることです。

 

「朝はご飯とパンどちらですか」「季節は夏と冬どちらが好きですか」など、選びやすい2択の質問で様子を見ることは思いのほか効果的です。なんでそんな昔ながらの型にはまった質問をしないといけないんだ、と思うこと無かれ。お互い緊張している場ではこうしたなんてことない内容が逆に突破口となるものなのです。

 

くれぐれも自分の価値観でお見合いをしようとしないことです。上記の「型にはまった質問」も、相手にしてみれば新鮮で会話の入り口に成り得ます。人の好みというのは千差満別。結構意外なところで盛り上がるポイントが眠っているものです。

 

 

  【お見合いのコツ】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL