結婚、出産、仕事の区切りを明確に分ける

an annual calendar

豊かな人生を送るのに欠かせない、「結婚、出産、仕事」の3つについて、気を付けなければいけないことがあります。それは、その3つすべてに関して、「いつ? どうするのか?」というのを明確にしておくこと。これが重要なのですが、なかなか皆さん、そういう訳にはいかない様子です。

 

昔から変わらず、20代女性のほとんど、比率にして80%ぐらいの人が「結婚したい」という願望を持っています。しかし、これだけの女性が結婚したいにも関わらず、30代、40代と歳を重ねるほどに、結婚は二の次三の次になってしまう傾向が見られるのです。

 

これは、巷がどれほど婚活ブームで湧いていたとしても変わりません。果たして、この歳を重ねるほどに遠のく背景にはどういうものがあるのでしょうか。

 

答えは簡単です。女性であれば、誰しもが結婚して幸せな家庭を築きたいと思うもの。それが、他のやりたいことをやっているうちにタイミングを逃してしまうからなのです。男性とは違い女性の場合、どうしても適齢期という名の“鮮度”があります。仕事や趣味に没頭する余りに、自らがこの一番良い時期を逸してしまうわけですね。

 

 

3つそれぞれの将来設計を立てる

あるいは、いまの世の中、「女性はこうあるべき」という悪しき観念が払拭されていますので、その分選択肢も無限に広がっています。その結果、やりたいことが自由に出来る反面、なにを一番優先して、「こうするんだ!」という具体像が描きにくいということもあります。

 

残念ながらこの状況に陥ると、結婚や出産というのはますます遠のいてしまいます。しかし、そのままでは“鮮度”の問題もありますから、女性は男性よりもその辺をクリアにしておく必要があるのです。酷な言い方ですが、はっきり言うと、「結婚、出産、仕事」のプランを“漠然”と立てていたのでは婚期を逃す確立が高いです。

 

ひと昔前のように、結婚適齢期に入り、待っていればプロポーズされる時代は終わったのです。自らが準備を整えていなければ、結婚相手は滅多に訪れません。それが、現代社会なのです。

 

確かに、晩婚化、晩産化という選択肢が増えたことで、「焦らずゆっくり」という風潮があるのも事実。しかしだからといって、結婚について「漠然と考える」というのでは本末転倒。晩婚であっても、通常婚であっても、まずは自分のライフプランをしっかりと設計する。そのなかで、「結婚、出産、仕事」の3つについての区切りを明確に分けることで、自分のこれからの身の振りようが自然と決まってくるわけです。

 

 

 【女性の結婚指南】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL