メール特有の2点のメリットを有効活用する

Male

異性との仲を深めるにはメールをうまく使うのがコツです。なにもコミュニケーション法は会話がすべてではありません。文章で気持ちを伝えるメールには、メールならではの良さがあり、会話とうまく使い分けることで相乗効果が生まれるものなのです。

 

その主だったメリットは2つあります。

・デート後に送る、お礼としての連絡手段

・相手の記念日に“おめでとう”の気持ちを伝達

 

デート後のお礼メールですが、これは先にも話した通り1時間以内に送るのがベター。そして、相手からの返信を期待するような内容は避けて、今日の楽しかった気持ちを率直に伝えてお礼を言うのです。このちょっとしたことが、相手にとっても非常に気分の良いものとなって心に残るわけですね。

 

また、さっきまで会っていた人に対して、わざわざ電話してお礼を伝えるとなると若干しつこい印象を与えかねないので、そうした面からもこのお礼メールはちょうど良いコミュニケーションツールとなるのです。

 

 

サプライズメールで距離を縮める

お次は、記念日のおめでとうメールです。誕生日を例にとってみると、どんなに歳を重ねても回りからの「お誕生日おめでとう!」という連絡は嬉しいものです。

 

しかし、こうした自分の記念日が祝福される機会は自然と年々少なくなっていきます。ですから、そこを逆手にとって、必ずメールを忘れずに送り祝福するようにするのです。相手からすれば、純粋に祝ってくれた嬉しさもありますが、「この日を覚えていてくれた」という感動も生まれるのです。

 

嫌いな人からの連絡でない限りは、どんな人にとっても心温まるサプライズメールになるのは間違いありません。また、それまで恋愛対象に考えていなかった相手だとしても、これを機に距離がグッと縮まることも良くある話しです。なぜなら、男女問わずに、自分のことを本気で想ってくれ、記念日を覚えてくれるような人と一緒になった方が幸せになれることを本能的に察知するからですね。

 

相手の記念日を祝う連絡は電話よりも、やはりメールの方が良いでしょう。会話では自分の気持ちをうまく表現できなかったり、気恥ずかしくなるなどナイーブな問題がありますが、文章であればじっくりと想いを込めることができますし、受け取った相手にしてみても大抵の人はサプライズメールで受け取った方が嬉しいものなのです。

 

会話同様に、メールの利点を把握した上で、意中の人とコミュニケーションをとってください。「相手を想う気持ち」を大切に、しつこくなり過ぎずスマートなメールを心がければ、きっとアナタの婚活を強力にサポートしてくれるツールになるはずです。

 

 

 【成功する交際法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL