結婚相手に求める条件を具体的にしておく

choice

皆さんは結婚相手に求める条件を明確に決めていますか? 「ただなんとなく」ではいつまで経っても理想的な出会いは望めませんので、その辺を見ていきましょう。

 

まず、アナタが相手に求めるものは、年収750万円以上でしょうか。あるいは、堅実な将来が期待できる公務員? もしくは、一般サラリーマンではあるけど土地などの資産を所有している人でしょうか。

 

急にこうした質問を投げかけると、「いえ、そんなことはないです」と多くの人が答えるはずです。その理由も分かっていて、誰だって他人に自分のいやらしい部分を見られたくはないからです。ですから、そこを必死に否定するのは常識のある大人の女性だったら当然のこととも言えます。

 

そして、そうした人は相手の条件として、「やさしさ」「おもいやり」「包容力」「男らしさ」といった抽象的な要望を挙げることが大半。確かに、これらの要素は重要ではありますが、もう少し具体的な条件を挙げないと、いつまで経ってもゴールインできないのが婚活の難しいところなのです。

 

自分の“現金”な一面を隠そうと、相手に求める条件を抑えていたのでは、きっとアナタの婚活に進展は生まれないでしょう。こんな時代だからこそ、相手の職業や年収、資産といったものを選択肢のなかに入れることも大切なのです。

 

 

具体的な数値目標を立てて行動する

誤解しないで欲しいのですが、こうした具体的条件を出すことと、“理想”を追い求めるのはまったく違う話です。「年収750万円以上」と、先ほど大げさに記しましたが、これが年収300万円以上でも同じことで、要は実数値を出すことで「あなたが苦労なく人生を送ることが出来るであろう相手」をはっきりさせて、ある程度絞ることが出来るわけです。

 

それは年齢もまた然り。自分の歳よりも10歳上までならOKとすれば、それはまた、あなたの許す範囲内で素敵な出会いを効率的に見付けられることになります。

 

そして、婚期です。これはもう、自分の中で揺るぎ無い設定を立てるのが一番です。「35歳までにはなんとしてでも」と目標を掲げれば、おのずとその後自分がする行動も変わってくるものなのです。

 

整理すると、昔に比べて驚くほど選択の幅が広がった現代だからこそ、「やさしさ」「思いやり」などの抽象的な点ばかりに目を向けずに、目で見れる数値的要素も確実に検討するべきなのです。

 

誰だって、やさしく、思いやりがあって、頼りがいのある男性と結婚したいに決まっています。でも、そこで止まっていたのでは結婚など、まだまだ先の話しです。相手に求める条件と、アナタが定める婚期を決めて、それに合う運命の人と是非出会ってください。

 

 

 【女性の結婚指南】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL