お見合いのお茶代は男性が出すこと

お茶代

これから多くの人と出会う機会を持つ男性の皆さんにお願いがあります。それは、「その日のお茶代ぐらいはこちらで持ちましょうよ」、ということ。おごり慣れている太っ腹の人にとっては、「何をいまさら?」という感じでしょうが、そういうことに慣れてない人の場合は逆に、「何で相手の分まで自分が払わないといけないの?」という考えを持つことだと思います。

 

この、相手の分も一緒に払うという行為は、何もお金持ちだから、所得が多いからするという類のものではありません。たかだか相手のお茶代を払ったぐらいで、あなたの生活が苦しくなることはまずないはずです。これは何度も言うように、気持ちの問題なのです。相手に対して、「今日は貴重な時間を割いてくれてありがとうございます。お礼には程遠いですが、せめてこの場の支払いだけはさせてください」。こうした考えが持てるかどうかで、その後のお見合いも変わってくるものです。

 

相手も人ですから、良くしてくれた人に対しては当然好意を寄せてくれるでしょうし、そしてもうひとつ、打算的な側面も無きにしもあらず、なのです。

 

それは、そのように紳士的な振る舞いを常日頃から心がけていれば、あなたや相手の仲介人には紳士然とした情報が自然と入りますから、今後の縁談であなたを勧めやすくなるのです。まあ、これは副産物的側面のものですから、さほど意識することはないでしょう。ですが、お茶代ぐらいは出すという気構えは常に持つことを徹底してください。

 

 

相手への敬意でもある

それは、その日のお見合いがうまくいかなかったり、あるいは、「この人と次に会うことはない」と思ったとしてもです。自分に幸運を呼び寄せるには、「割り勘はまずありません。相手の分も払う気前のよさと、敬意の代償として認識しておきましょう。

 

考えてもみてください。あなたは男性であっても、この婚活業者を使ってお見合いをすることに少なからず躊躇したはずです。それを、女性が同じように不安や心配という諸々の葛藤を克服して、結婚相談所を経由して、今あなたの前にいるという事実。男性よりも女性の方がハードルは高いのは明白です。でも、相手も同じように幸せな未来を掴むために、積極的に行動を起こしているのを目の当たりにして、あなたは敬意を払わずにいられますか?

 

世の女性の多くは受動的でそこまでしないものですが、様々なプレッシャーを跳ね除けて見ず知らずのあなたの元へやってきてくれた相手には、むしろお茶代ぐらいはどんなことがあっても出すべきです。

 

 

  【お見合いのコツ】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL