相手の長所を見付けて褒めることから始める

point

人に好かれる人というのは、「相手の長所」を見つけるのがうまいです。また、うまさも去ることながら、見付け出す早さもかなりのものです。そして、この相手の良いところを見つける術に長けている人というのは、どこか心が広く、器も大きい傾向があるようです。

 

では逆に、人に好かれない人というのはどういう人でしょう。答えは簡単です。「短所ばかりを見つける人」ですね。あなたの回りを見渡してもきっと一人や二人はいることでしょうが、この人種はとにかく小言が多いです。グチや不満をしゃべることが日常化してしまい、それが回りの人間に与える不快感などは全く気にも留めていないのです。というよりも、そもそも周りが不快になることすら理解していない場合もあります。

 

こうした小言の多い人というのは、グチや不満が冗談になって笑いを誘うような人とはまったく異質のものです。根っからネガティブな要素が染み込んでしまっているために、人に好かれようがないわけですね。

 

 

短所を見付ける人間に成り下がってはいけない

また始末に悪いのが、短所を見つける人というのは、自分が話している内容が悪口になっているという認識に欠けている点です。幅広い視野を持つことなく、「自分が正しい」という論理ですべてを話していますから、周りからどう見えているかなんて知る由もないのです。

 

こうなってしまうと周囲の人間はただ聞き流すほかありません。場合によっては事を荒げないために、嫌でも同調する素振りが必要かもしれません。残念ながら、会社の上司などにもこうした人種はいますので、臨機応変に対応するしかないのが現状なのです。

 

ですから、私たちはこうした人種を反面教師にして、「こうなったら“人として”終わりだな」と思って行動するほかありません。確かに人間ですから、相手の短所に目がいってしまうのも分かります。でもそこは、こう考えるのです。「短所があれば必ず長所もある。人に好かれるには、長所のみを見つけよう」と。

 

誰だって短所をグチグチ話す、器の小さな人間に成り下がりたくなんかありません。意識して長所にのみ注目すること。これができれば、自然と人に好かれる人間へと成長していくものです。

 

そして、その長所に対しては、「惜しみなく褒める」ことがポイントです。人は誰でも褒められることは嬉しいもの。すると、自然とその周りにはハッピーな空気感が漂い、今度は相手があなたの長所について話す場合も出てくることでしょう。そうした相乗効果が生まれることで、理想的なコミュニケーションがとれるばかりでなく、結果的にあなたという人間が回りから好かれることに繋がっていくのです。

 

しかし、こうしたことは計算尽くでやるものではありませんから、まずは相手の長所を見付けて、それを褒めることから始めてください。結果はおのずとついてくるものです。

 

 

 【成功する交際法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL