仲人と婚活コンシェルジュとは

concierge

結婚するに当たり、アナタの婚活を強力にサポートしてくれる存在として、「仲人」と「婚活コンシェルジュ」なる人たちが存在します。「良縁を結ぶ」という目的は一緒ながら、両者はそれぞれに特徴が違いますので、ここでそれを学んでいきます。

 

昔ながらの良縁請負人としての、「仲人」から見ていきましょう。仲人というのはそもそも、結婚する片方のみでなく双方ともに深く理解した立場であることが求められます。

 

具体的には、年齢から始まり、学歴や職業、そして、どんな性格かということも把握しておかなければなりません。表面上ではなく内面に関することを知っておく必要がありますから自然と、アカの他人が易々と仲人を努めることはなくなります。ですから結果的に双方共に、それなりにゆかりのある人がなるケースが多いのです。

 

仲人には相手を結びつけるテクニックや話術などの類は特別求められません。唯一必要なのは、「二人を結びたい」という熱意だと言えますので、当人たちにおいても、仲人になる人には心を開いた信頼関係がしっかり築けているのが基本となります。

 

 

婚活コンシェルジュの素養

では一方の、婚活コンシェルジュについてですが、これは仲人に比べて、“営利目的”のプロフェッショナル集団といえます。当人がお金を払う対価として、なんとしてでも良縁を結ぶのが仕事です。その為、コンシェルジュは今まで接点のない、アカの他人となります。

 

まず、婚活コンシェルジュなるものは、結婚相談所に所属しているのが前提となります。ですから当人は、その婚活サービスに登録して始めて様々なサポートが享受できるのです。活動していく上で生まれる不安や悩みといった相談を、その都度受けるというシステムです。

 

誰かに相談できたり専門的なアドバイスを貰えるというのは、婚活者にとっては大きなメリットです。料金の差も勿論ありますが、こうした「道に迷ったときに頼れる人がいる」というのがインターネット型との違いでもあるわけです。

 

婚活コンシェルジュは仲人と違い、相手側に関しても知っている訳ではありません。むしろ相手に関してはほぼ知らない状態で、何千、何万人の中から独自のシステムを使うことでベストなマッチングを見付け出すという手法を取っています。

 

星の数ほどの婚活希望者の中から、そして、普通に探していたのでは埋もれてしまって見付け出すことが出来ないような素敵な相手でも、膨大なデータを駆使することでピンポイントで容易く見付け出してサポートすることが出来ます。そして、その見付け出した人との仲を強力にバックアップする存在がコンシェルジュですから、その頼り甲斐といったら相当なものです。

 

婚活コンシェルジュには誰もがなれるわけではなく、まず、専門的なカウンセリング法を修得しているのが大前提となります。そして、社会保障などの福祉面についても深い知識を要していること、また、その人の人生設計に的確なアドバイスができるようなノウハウも求められているのです。つまり、婚活という枠を越えて幅広い見識を備えた人物がコンシェルジュというアドバイザーを務めているわけです。

 

 

 【婚活・結婚コンシェルジュ】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL