お料理婚活(料理合コン)で距離を縮める

cooking

料理合コン、またの名を、お料理婚活。男女ともに料理をしながら婚活するスタイルが最近注目を集めています。この料理婚は、特別、自分で作ることに興味が無い人でも気軽に参加出来るものとなっています。

 

料理をするための各食材は、すでにスタッフが用意してくれています。そして、肉や魚、野菜といったメインとなる具材のほかに、慣れてないとハードルが高く感じる調味料の量なども的確に準備されているのです。つまり、後は参加者が事前に配布されたレシピを見ながら、用意された具材を調理していけば良いだけ。非常にラクで楽しく、また失敗することのない料理となっているわけです。

 

ここまで手取り足取りしてくれる料理教室などはあまりありませんので、まさにお料理婚活ならではの特典と言えましょう。しかも、もしも上手くいかない場合はスタッフがすかさずサポートしてくれますので安心して料理を楽しむことが出来るのです。

 

この料理婚活は、ひとつのものを共同で作業するという特性上、自然と相手との距離が縮まり一体感が生まれます。そのため、一般的な婚活にありがちな、「お互い初対面の為ありきたりな質問をし合って様子を見る」、という場面に出くわさないで済むのです。

 

というのも、すでに料理を通じてお互いなんとなく心を開いていますので、警戒感がゆるんで親近感が強まり、そうした“いかにも”な質問で相手の様子を探る必要がないのです。共同で作業に入ったタイミングから距離は除々に縮まっていきますので、出来上がった料理を食べる頃にはすでに友人のような感覚となって打ち解けている場合がほとんど。そして、この自然な流れこそがお料理婚活の魅力といえます。

 

 

料理が全くダメな人も沢山参加

食事をするときというのは、基本的にお互いの気持ちはゆるむもの。このリラックスした状態で、自分たちが楽しんで作った料理を食べるわけですから、逆に、心が開かないはずがないとも言えますね。また、このお料理婚活は参加人数も10人以下に絞られていますので、相手の人柄や協調性といった面もじっくりと見ることが可能です。

 

これは、ひとりにつき5分前後しか話せない一般的な婚活パーティーとはかなりの差ですね。そして男性側にしてみれば、相手の料理の腕も見ることができますので、こと「結婚」を前提にした場ではそのメリットは大きいものです。

 

なんだか“お料理”婚活というと、ある一定の人をターゲットにした婚活というイメージが先行しますが、実際はそんなことはありません。料理が全くダメな人でも沢山参加している現状がありますし、また、例え料理が苦手な女性でも気兼ねなく参加できる雰囲気があるのです。

 

料理が出来るに越したことはありませんが、「わたし料理苦手なんです」って、明るく言ってくれるような女性の方が、男性としては好感を持てるものです。

 

 

  【婚活の種類】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL