高価な靴を買うメリット

costly shoes

靴との付き合い方について、是非、覚えておいて欲しいことがあります。それは、安物を購入してダメになる度に買い換えるのではなく、少しばかり背伸びをしてでも高価な物を手に入れて、それとずっと長く付き合っていくことです。

 

安物と言っても、最近の若い世代の人たちは靴にそれなりの金額を払うことが一般的となっています。スニーカーであれば、高くても1万円前後が普通ですが、革靴やブーツになればそれこそ5万円以上の商品を購入することも珍しくはないのです。

 

これは、世界有数のブランド物がすべて手に入る便利な時代になったことと、例えばスーツに10万円かかれば靴に5万円前後払うのは当たり前だという、正しいファッションへの価値観が若い層に周知されているからでしょう。

 

さて、革靴やブーツの選び方は言うまでもなく、自分の足にフィットする最良のものにすることです。デザインが気に入ったからと言って、実際に試し履きをしないで買うことほどナンセンスなことはありません。日本人の足形は世界でも特異な形と言われていますので、試さずに購入した結果、「足が痛くてとてもじゃないけど履き続けられない」、ということになれば本末転倒です。

 

デザインとフィッティングに満足した一足を手に入れたその時から、アナタと靴の蜜月な付き合いが始まります。おそらく1年も履けば靴底は自然と磨り減ってくるはずです。しかしここで、「底が薄くなった」という理由で買い換えるなんていう“愚の骨頂”的な真似をしてはいけません。この際は、迷わず靴底だけを張り替えるのです。

 

 

靴底を張り替えて履き倒す

そもそも、靴底だけを張り替えるサービスがあるのを知らない人もいるのですが、それはあまりにももったいないことです。どこの修理屋でも1万円前後で完璧な状態にリペアしてくれますので、是非とも利用することを忘れずに。

 

また、こうすることで、例え5万円以上の靴を買ったとしても、それは長い目で見ると決して高い買い物にはならないのです。クオリティの高い靴というのは、靴底以外は軽く10年は履けるものばかりです。毎年安物を買い換えるのと比べても、明らかに、高価な一足を履き続けた方がメリットは高いのです。

 

しかも、5万円以上の納得の一足となれば、世界有数のブランドを手に入れることが出来ます。これは所有欲を満たすばかりか、自分への自信にもつながります。そして更に、愛着も高まり、正に世界にただ一つの一足となるわけです。

 

高価な靴を長く履くコツは、まずクリームを欠かさないこと。買ったばかりの時は必ず塗って磨いてやり、2、3ヶ月に1度は定期的に塗り込んであげます。そして、出来れば2日履いたら1日休ませてあげると、型崩れの原因となる“”を靴内に貯めることもありません。雨の日の使用では、脱いだ後は表面を拭い、中に新聞紙を詰めて完全に水分を吸収しておくことも肝心です。

 

とにかく、時間があれば磨くぐらいの愛情を注いであげてください。“磨き”に関してはどんなことがあっても他人に任せてはいけません。自分で愛でるように労わって、綺麗な状態を保つのです。そしてこれこそが、長く履き続ける秘訣なのです。愛情をもって履き込まれた靴ほど美しいものは、この世にそうそうあるものではないのです。

 

 

 【婚活のマナー】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL