事前にヒアリングしてデートプランは必ず立てること

date-plan

デートを成功に導くポイントは、計画を十分に練ることです。長い付き合いのカップルでもない限りは、無計画(ノープラン)は有り得ません。中には、「予定を立てて行動するのは性に合わない」という場違いな発言をする人がいますが、はっきり言って、婚活の場でアナタの趣味嗜好などはどうでも良いのです。

 

くれぐれも相手の立場に立って行動するようにしましょう。そうすればおのずと、自分よりも相手の価値観を優先して行動すべきだということが分かるはずです。

 

ここで注意すべきは、計画を緻密に練りすぎないことです。アナタの周りにもきっと何人かはいるでしょうが、「何時何分にどこどこへ行く」といったように分刻みで予定を立てるのは、まだお互いを知らない間柄でのデートではオススメ出来ません。

 

相手に対して「なんだか几帳面な人で接しにくいなぁ」「こんなにカッチリしてる人だと例え一緒になったとしても毎日疲れそう」など、良い印象を与えないのです。

 

ですので、計画を立てるのは必須ではありますが、その加減については注意すべきでしょう。「映画を観た後にレストランに行って、その後は夜景の綺麗な道を散歩。そして沿道のバーで一杯飲んでから帰宅」というように、メインとなるスポットと食事するところを決めて、サブ的要素にもうひとつ(ふたつ)決めておくというのが理想的なプランだと言えます。

 

言うまでも無くこれがノープランであれば、いくら自分が良いと思っても目も当てられない結果になることは想像に容易です。事前にデートプランを立てて、必要であれば下見することは、相手に対してのエチケットでもあるのです。

 

 

デートはお互いの協力で身を結ぶ

そしてこのとき、相手にあらかじめ「どんな場所に行きたいかや、どんな物を食べたいのか」などを直接聞いておくのも別におかしなことではありません。それどころか積極的に会話を振って相手の好みを把握しておけば、お互いに楽しい時間が共有出来て失敗も避けられるようになります。

 

しかし、敢えて注意点を挙げるとすれば、さほど距離感が縮まっていない相手の場合、デート内容について具体的な希望は言いにくいものです。ですので、相手の漠然とした意見から好みをうまく汲み取ることが必要です。

 

くれぐれも相手に「どこへ行きたいのか」「何を食べたいのか」と選択を迫る聞き方をしてはいけません。それは誘ったアナタの役割であることをお忘れなく

 

そして、デートというのはお互いが「良い時間を過ごそう」と協力や協調をすることで身を結ぶものです。そのため、男性のデートプランが例え的外れだったものだとしても、女性側はそれをなんとか楽しむ努力をしましょう。それこそが慣れないことに対して懸命に計画を立てた相手へのお礼の現れですし、今後ふたりの距離を縮める明確なキッカケになっていくのです。

 

 

 【成功する交際法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL