定期的に歯医者へ通う必要性

dentist

皆さんは歯並びについてゆっくり考えたことがあるでしょうか。かつてのCMではありませんが、「歯は命」というフレーズはあらゆる角度から見ても的を射ているのです。

 

さて、では、私たち日本人の現状を俯瞰したいのですが、総じて歯の悪い人が多い傾向があります。最近は昔ほどではありませんが、それにしても欧米諸国と比較すると「歯に対する意識が低い」結果がこうして現れているのです。

 

自分の胸に手を当てて思い出して欲しいのですが、皆さん、虫歯が見付かったり、歯が痛くなって始めて歯医者に足を運んでいたのではないでしょうか。「数ヶ月に一度定期的に通ってきた」という人はごく僅かのはずです。これはひとえに親が、いや、日本の教育事態がそうしたものであったからに他ならないのですが、欧米諸国へ目を向けると全く違うことに気がつきます。

 

欧米ではそもそも、「歯並びが悪いことは恥」とされてきたのです。ですから自然と、誰もが幼少期から当たり前のように歯医者へと通います。また、歯並びが悪いことはみっともないばかりでなく、その人の人間性をも見る指標となっているために、社会人になって出世することが出来ないと揶揄されるほどのインパクトを持つ箇所でもあるのです。

 

そして、歯が悪いというのは口が臭いと同義として捉えられることもありますので、欧米の人たちは頻繁に歯を磨いて虫歯を作らずに、清潔な状態を保っています。

 

こうして見ればやることはただひとつですね。そう、今日からでも定期的に歯医者へ通うことです。虫歯もなく、歯が痛くなくても構いません。検診と簡単なクリーニングだけでも良いのです。何も芸能人のような真っ白な歯を目指してホワイトニングするということではなく、日々、「歯は大切」だと強い認識を持つことが大切なのです。

 

 

爪楊枝の使用は短時間で人に見られないこと

小さい頃から歯並びに気を付けて矯正していれば、大人になってから不都合を感じることはありません。しかし、そうでない多くの人の場合は、食べた後に食べカスが歯に詰まり、それを取り除こうと爪楊枝を使います。そして、この爪楊枝にも最低限の作法があるので覚えておきましょう。

 

まず、食後の満足感を全面に現すかの「シーシー、ハーハー」はもちろんNG。そして、相手がいようといまいと、片方の手で爪楊枝と口を隠すように覆ってください。これは男であろうと女であろうと関係なく、必須の作法です。もちろん男性が女性のような仕草で覆っていたのでは目も当てられませんが、自然にやれば特別問題はありません。

 

最後に、くわえ爪楊枝は問題外ですが、爪楊枝をしながら歩くのも厳禁。これは鼻クソをほじりながら歩くのと同じぐらい目立つ下品な所作であることを知っておくべきです。ですから、爪楊枝はわずかな時間のみを他人に見られないように使用して、その後はひっそりとゴミ箱に処理する、というのが基本です。

 

言うまでも無く、爪楊枝に頼る歯はベストではありません。そのためにも、常日頃から歯を磨き、定期的に歯医者へ通うことが理想なのです。

 

 

 【婚活のマナー】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL