恋愛結婚の方がお見合い結婚よりも離婚率が高い

divorce rate

当サイトはお見合い結婚をベースにしたサイトですが、果たして恋愛結婚とお見合い結婚とでは、その後のふたりの関係性に違いが出てくるものなのでしょうか。ここでは、その関係性が明確に分かる離婚率を取り上げてみます。

 

早速この両者の違いについて、民間のお見合い相談所で公表している数社のデータを均してみました。すると、恋愛結婚の方がお見合い結婚よりも3.5倍も多い離婚率となっています。

 

つまり、お見合い結婚の離婚率が10%だとしたら、恋愛結婚の方は35%にもなるということです。さすがにお見合い相談所のデータを元にしていますから、この数値を一概に参考にするわけには行きませんが、それにしてもだいぶ開きがあることが分かります。

 

こうしてデータを見るまでも無く、一般的にもお見合い結婚の方が離婚率は低いと認知されていますが、実数値を見るとやはり説得力があるものです。

 

では具体的に、どういった理由から数値の差がここまで明確に分かれているのでしょうか。その辺の声で多かったものや興味深いものをピックアップして見ましたのでココで追っていきましょう。

 

・お見合い結婚というのはそもそも相手の条件を見て、納得した上での結婚。だから、“現実”の結婚生活と“理想”の差が少ないためにお互い不満無く生活できる。

・恋愛結婚はお互いの好意が最初からMAXの状態で交際が進む。そしてその後、減点式で相手の嫌な所が見えてくる性質がある。しかし、お見合い結婚はその逆で加点式といえ、ストレスの負荷が圧倒的に少ない。

・お見合いは、結婚してから恋愛を楽しめる側面がある。その為、幸せな時間を共有することで自然と末永い付き合いができる。

・恋愛結婚とお見合い結婚では、「結婚」に対する意識が圧倒的にお見合いの方が高い。要は、軽んじている人が少ないということ。そのため皆、しっかりと納得した上で結婚をするためにすぐ終わるということがない。

 

 

現代社会の“お見合い”はメリットが多い

このように、お見合い結婚の離婚率が低い理由を見てきましたが、さすがにお見合い相談所が掲載している内容だけに良いこと尽くめ、非の打ち所がありません。でも確かに、手放しで「お見合い結婚最高」と言うつもりはありませんが、現代社会で言う「お見合い」はいわば昔の「決められた人」との交際ではありませんからメリットの方が圧倒的に多いです。

 

しいてデメリットを挙げるとすれば、人によりますが、「人に仲介してもらうのが苦手」「ひと目で無理だと感じた相手でもその場を逃げるわけにはいかない」「失敗が続くとノイローゼになってしまうかも」などがありますが、まあこの辺は、取るに足らないものだとも言えますし、逆にそうした問題を全面的にバックアップしてくれますので、実はなんの不安もないわけです。

 

 

 【世界の婚活事情】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL