結婚はお金を節約する究極のカタチ

economy

結婚して一緒に暮らすようになると、収入が2人分になるだけではなく、支出の面でも大きなメリットが生まれます。では、その具体的な内容について見ていきましょう。

 

まず、家賃について。交際していた時にそれぞれに部屋を借りて住んでいたところが、結婚すれば当然ひとつ屋根の下で生活するようになります。2部屋だったものが1部屋に集約されるわけですが、このとき、今までそれぞれ住んでいた分の家賃が単純に2倍になるのではなく、だいたい1.5倍ぐらいに落ち着く場合がほとんどです。

 

これは、別々に住んでいた時はそれぞれにトイレや風呂、台所などがあったはずですが、一緒に住む物件ではこうしたものが1つになるからです。2つある必要はどこにもありませんし、何より、二人が住むのにちょうど良い広さでアメニティ関連が2つずつ用意されている物件などどこにも無いのです。そのため、自動的にこの重複する部分がカットされて家賃が下がるのです。

 

一般的に、都心に住む結婚適齢期の単身者が払う家賃相場は6万5000です。間取りはワンルームで広さは20平米前後となりますが、これが例え結婚して40平米の2DKになったとしても2倍の13万円にはならないということ。おそらく10万円前後に落ち着くケースが大半でしょう。

 

二人で住むメリットは備え付けの重複部分をカット出来るのみではありません。生活必需品の家電製品にまで及びます。テレビや洗濯機、冷蔵庫、テーブル、掃除機など、今までお互いが持っていたものは今後ひとつで事足りるようになります。二つも必要ないものは場所を取るだけですからリサイクルショップで売れば良いですし、何よりも今後買い換えるときは当たり前ですが、ひとつ買えば済むのです。この恩恵もまた大きいのです。

 

 

独身時の1.5倍が相場観

支出のメリットはまだまだあります。光熱費についてはどうでしょう。これも家賃同様に、二人で住む以上、ひとりの時に比べて額は上がりますが決して2倍にはなりません。おそらく1.5倍前後に抑えることができるはずですが、これは水道や電気、ガス代などのそれぞれについての“基本料金”の部分が1つで済むことが大きく影響しているのです。

 

また最後に、食費についてのメリットを挙げておきます。外食と自炊では、計算してみれば分かりますが驚くほどの差が生じます。しかし単身者の場合、分かってはいるんですが、外食の方が簡単で、また自炊しても全部食べきれずに残してしまうことから、ついついラクな方の外食を選択してしまうものです。

 

でも、これが結婚したとなると話は別なのです。まず、作っても食べきれないで捨ててしまう、ということを回避できますし、何よりも二人で食卓を囲んで、幸せを噛み締めながら手料理を食べるという夢描いた光景が実現するのです。ですから、人生の伴侶と共同生活が始まると、自然と好き好んでコンビニや外食をすることは減っていくものです。そしてそれが結果的に、食費の大幅な削減につながるのです。

 

こうして見ると、結婚することは収入のみでなく、支出に関しても大きなメリットを生むことが分かります。しかもそれは「幸せ」ありきのものですからどれも意図せずに、あるいは、労力を要さないで自然と達成できているものばかり。そう考えると、結婚して二人が一緒になるということは、パフォーマンスを損なうことなくお金を節約できる、究極の形とも言えるでしょう。

 

 

 【結婚生活とお金】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL