初期のデートでは映画鑑賞は避けること

eigakannshou

交際中に誰もが陥りがちなミスをお伝えします。それは、映画を観にいくことです。「えっ、なんで?」と疑問に思った方も多いでしょう。では、その人たちに質問です。映画を観ている2時間前後の間は何が出来ますか? 意中の男性と会話はできませんよね? では、いったい何のためにアナタは婚活をしているのですか。まさか映画を観るためではないですよね。

 

このように、一見映画を観るというのは問題なさそうに思えますが、婚活の初期段階ではNG。アナタが活動しているのは恋愛ではなく、婚活だという認識を強く持つことです。貴重なデートの時間は、それこそ1分でも無駄には出来ません。しかしその時間を、2時間も会話が禁止される映画にあてるなどは愚の骨頂。絶対に控えましょう。

 

交際をスタートさせた二人は、まずお互いに結婚についてじっくり話し合うと同時に、理解も深めなくてはなりません。その大事な時期に、時間をむげにしたのでは進展などあるはずがないのです。

 

この時期は、お互いの性格や内面をより具体的に知る期間です。お見合い時にはそこまでしっかり把握することなどは不可能です。せいぜい、自分に合う・合わないの相性と、雰囲気を感じることぐらいでしょう。ですので、ここでお互いリラックスした状態で話すことで、相手の人間像を細かく理解することができるのです。

 

交際から婚約への工程の中で、言うまでも無く、交際期間は非常に重要なポイントになります。無理をして別人のように振る舞い、自分を良く見せることは逆効果ですが、多少なりとも相手に対しては、自分の魅力が十分伝わる言動を心がけなければなりません。もちろん嘘はいけませんが、いつも通り接するのではなく、ちょっと背伸びしたぐらいの、品のある対応を実践するようにします。

 

 

居眠りする男性を一概に敬遠はできない

さて、映画鑑賞はNGとお話ししましたが、もし、お互いの趣味が映画で、しかもお互いに前々から観たかった映画だとしたら、そこは観にいっても構いません。観る前と後で、様々な意見の交換を行うことで、より仲も縮まることでしょう。また、共通の趣味ですから、その際の会話は当然弾んだものになるはずです。

 

お互いに充実した時間を過ごせると同時に、理解も深まるのですから、映画鑑賞が二人共に趣味であれば、そこまでシビアに考えることはありません。でも、世の多くの男女は、趣味が映画と言っても、実は蓋を開ければそれほどでも無いケースが大半。結局、そうした人はうまくいかないので、映画にこだわるのはキッパリと止めておきましょう。

 

映画つながりで、もう少し現場での話を挙げておきます。この映画を観ることに関しては、女性が誘うケースの方が一般的には多い傾向があります。その際、男性側はそれほど興味が無くても否定する理由も見当たらないので了承。そんな状況で映画を観たとします。

 

すると、男性は自分の好みの内容ではないのと、あの薄暗く座り心地の良い椅子に座っている空間では、ふと居眠りをしてしまうことがあるのです。しかし、これをやってしまったらもうアウト。次回は無いと思った方が懸命でしょう。

 

でも、よく考えて欲しいのですが、男性が居眠りしてしまうのは、アナタからの誘いをむげに出来ず、いわば心優しく付き合ってくれたからだとも取れます。冷たい人であれば、「興味ないから映画は止めよう」と断られていたかもしれませんね。そうした観点で見ると、居眠りする男性すべてにNOを突きつけるのもちょっと違う気がします。そう、彼らはアナタの言動を尊重した心優しい人だからですね。

 

映画鑑賞で寝てしまうケースにはいろんな見方がありますが、やはり、根本的な対策としては、映画は観ないことでしょう。幾度の交際を経てから、あるいは婚約してからでも遅くはありませんし、何よりも、最初の時期というのはお互いの理解を深めるためにじっくり話し合うことが必須の期間だからです。

 

 

 【女性の短期結婚法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL