夫が会社員で妻が専業主婦のケース

office worker

【その1・高度経済成長型スタイル】

夫:会社員/妻:専業主婦

 

戦後の高度経済成長下の夫婦のカタチがこの、夫が会社員、妻が専業主婦のスタイルです。逆にひと昔前まではこのスタイル以外には考えられず、鉄板だったのです。

 

一見理想的に見えるスタイルですが、このカタチが円滑に機能するには“高度経済成長”下である必要があります。そのため、今のように不安定な社会・経済状況下では危険なスタイルだとも言えるのです。

 

元々、夫が会社員で、妻が専業主婦として家事や育児に専念するためには、日本経済に何の不安も無く、景気が右肩上がりの様相を呈していることが前提となります。夫が働くほどに給料が増えていき、年を重ねるにつれ昇進していくという、“安定”が保障されて初めて成り立つものだったわけです。そして、だからこそ専業主婦は家のことのみに専念することが出来たのです。

 

しかし、この理想的な“安定”が保障されないとなれば、話はゴロッと変わらざるを得ません。バブル景気の終焉と共に、夫の給料がなかなか上がらなくなり、それどころか減額される始末。最悪は、勤め先から「もう雇用が出来ない」とリストラの対象にさえなってしまう世の中です。

 

また、あるいは、病気や事故に遭い長期間働くことが出来ないなど、こんな状況では、さすがに妻が専業主婦で居続けることは難しく、近所のスーパーのレジ打ちに出たり、家庭内職で少しでも家計を助けるようになっていくものです。

 

 

主婦の雇用が少ない為にパートタイムを選択

こうして家計を助ける動きが出て来るのは必然的とも言えますが、しかし主婦がスーパーのレジ打ちや内職を率先して選んだのかと言えば決してそうではありません。出来ることならば男性同様に会社に勤めて固定の月給を得たいのですが、今まで家事に専念してきた女性たちを対象にした雇用自体が少なく、致し方ないチョイスのひとつとして、こうしたパートタイムが残ったのです。

 

かつては世の中のほとんどの夫婦が“高度経済成長型”のスタイルではありましたが、現在はさすがに減少傾向にあります。

 

しかし中には、家事と育児をしているため物理的に働きに出ることが不可能な人もいますし、一方では、夫の仕事が順調だから特別働く必要がないという人も存在します。もちろん、すべてにおいて“妻が働きに出なければいけない”理由などはどこにもありませんので、今でもこの“高度経済成長型”のスタイルは当然活き続けてはいます。

 

しかし、いざという時のリスク分散という視点で見ると、やはり弱い面は否めません。繰り返しますが、物理的に不可能な人に対しても“働くこと”を勧めるつもりはないのですが、もし、働ける環境にいながらも「ラクだから」「今の状態で満足しているから」といったお気楽思考からの発想であれば、この“高度経済成長型”のスタイルはリスク回避には向かないことを今一度じっくり認識しておく必要があります。

 

 

 【結婚生活とお金】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL