過去の交際相手との再会は避ける

過去の交際相手

誰もが婚活を始めてすぐ生涯のパートナーとめぐり会えるかといえば、決してそんなことはありません。出会いの機会は婚活をしていない人の比ではありませんが、相性の良い人物との出会いとなればひと筋縄ではいかないもの。となると自然と、「何をやっても上手くいかない」と錯覚を覚えるスランプのような状況に陥ることがあります。

 

そして、このスランプに似た状況になったときに避けたい行動が、以前別れた女性への再度のアタックです。こうした精神的に不安定な状態になると、過去の交際が美化されやすくなるものなのです

 

結果として、「あの時は断ってしまったけど今思うと素敵な人だったなぁ」、と自分の思考が悪い方向へと向いてしまいます。そしてそのまま、なんとしてでも交際を再開させようと仲人さんに連絡を取ったり、時には直接連絡をするようなマナー違反の行動をする人も出てきます。

 

確かに、こうした気持ちになるのも分からなくはありません。心の拠り所として過去の恋愛が良く映るのは、お見合いばかりでなく、恋愛すべてに言えることなのです。しかし、基本的にはこうした過去の交際を再燃させようとするのは避けるべきです。

 

 

過去の交際相手は良く映るもの

思い出して頂きたいのですが、過去に、交際を止めた時はそれなりの理由が当然あったはずです。今自分が置かれている状況があまりにも寂しいと、「過去の交際相手」というのは良く映るものなのですが、実はその理由として、肝心なことが頭から抜け落ちてしまっているからなのです。それは、「当時別れた理由や状況」です。

 

ほとんどの人は本能的にネガティブな要素を忘れて過去の交際を思い出します。ですから、それらが良い思い出としてフラッシュバックするのは当然のことです。しかし、いざ交際を再開したとすれば、必ず当時のネガティブな思い出が甦り、また目の当たりにすることで、多くは長続きしないことでしょう。

 

恋愛というのは、スタートの段階は情熱などの感覚的なものが優先しますが、終焉を迎えるときというのは至って冷静かつ実証的に判断しているものです。つまり皆さん、じっくり納得した上で、「別れる」という選択をしているわけです。ですから、時間が経ったから大丈夫、という類のものではないことを再確認するのと同時に、どんなにスランプが長引こうとも、次なる出会いに向けて迷わず突き進むことが重要なのです。

 

 

  【お見合いのコツ】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL