ファッションに興味を持ち、センスを磨いていく

fashion

異性と交際する際に気をつけなければいけないのは、服装です。そして、恋愛経験があまり無い人や、婚活がうまくいかない人の多くは服装に関心がないものです。毎日、「今日は何を着ていこうかな」と考えてるような人たちにとっては信じられないことですが、興味の無い人というのは何を着ようが“まったく”気にも留めないものなのです。

 

服装は、人が生きていく上で欠かせない「衣・食・住」の「衣」に当たります。この不可欠なものであるにも関わらず興味がないということは、極論、人として大切な部分が欠如しているとも言えます。もちろん、男女問わずに服装を重視しない人たちは総じて婚活がうまくいっていないケースが大半です。そして、中でも男性側にそうした傾向が顕著に見て取れます。

 

自分が日々着る洋服に関心をもたない人というのは、服装の重要性を認識していません。また、今まで生きてきた中で、服装に興味を持つ機会がなかったわけですね。第一に、服装というのは家族の影響を大なり小なり受けるものです。親や兄弟がオシャレでファッションを楽しんでいる場合、自分が洋服に興味をもたないケースはほとんど無いと言われています。

 

 

恋愛経験に応じて服装は洗練されていく

一方で、家族全員が例え服装に無頓着だったとしても、友人の影響などでファッションに目覚めるキッカケを持つ人は多いもの。生きていく上で密接に関係するものなだけに、接点はあらゆるところにあるわけです。

 

基本的に、思春期に異性を意識するようになって「少しでも良く見られたい」という欲求が高まると、男女共に自然と着るものにも気を使うようになります。そして、最初の動機は何であれ、一旦興味を持つようになると皆ファッションが楽しいことに気付くのです。ですから恋愛した経験が多い人ほど、「相手に好かれたい」という欲求がモチベーションとなり、服装は洗練されていくのです。

 

逆に、恋愛経験がなければ服装に気を使うシチュエーションなどはほぼ無かったはずです。その為今でも、いい歳した男性が丈の合っていないズボンをズリ上げてその中にシャツをしまい込んだ不恰好な装いでも平気なように、傍から見れば冗談のような外見でも当の本人はなんとも思っていない、なんてこともあるのです。

 

これから異性と出会おうとする皆さんに言いたいのは、とにかく「服装に気を使おう!」ということ。これまで興味があろうがなかろうが、それはどちらでも問題ではありません。今からは着る物、そして、靴やカバン、メガネ、身につける物全てに配慮するようにしましょう。

 

 

服装は、男女の出会いのファーストインプレッションにおいて「キー」となるもので、ここを怠ったのではスムーズに先へは進めません。服装というのは、日々の繰り返しで磨かれていくものですから、興味を持つことでその楽しさに触れ、異性に好感が持たれる格好をいち早く手に入れることが出来るのです。

 

 

 【成功する交際法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL