結婚相談所選びは明朗な料金体系であること

fee schedule

どの婚活サービスでも欠かせないこと。それは、料金体系が誰が見ても明らかに提示されているかどうか、です。現在は名の通った企業であればどこも、パンフレットやホームページ上でその辺の詳細は記載されています。しかし中には、記載してはいるけれども、それが分かり難い企業というのが時々見受けられるのです。

 

そしてココが注意すべき点なのです。私たちが騙されていけないのは、“敢えて”分かり難くしているということです。ですので、自分が見て「なんだか料金体系が明朗でなく、いまいち分からないなぁ」と感じたのであれば、その企業には注意が必要です。

 

また、もしそこのサービス会員になるつもりであったのならば、一旦考え直すべきでしょう。「会員になったのは良いが次々にお金を要求された結果、最終的に非常に高額な金額になってしまった」という例が少なくないのです。

 

こうしたグレーゾーンを設けている企業が未だにいるために、すべての人が安心して婚活サービスを受けることが出来ないという実態があります。しかし、サービス提供側が100%悪いのかといえばそうではなく、会員になる側にも少なからず責任が生じてくるので気が抜けません。

 

というのも、消費者は入会の際に契約書に目を通してサインする流れですが、そうした事象は必ず契約内容に明記されているからです。「分かり難い、文字が小さくて見えなかった」という意見は通用しません。つまり、いざという時は“会員側の自己責任”ということで片付けられてしまう可能性があるので、一番大切なのは、ちょっとでも引っ掛かる婚活サービス業者には手を出さないことなのです。

 

 

婚活業は人件費ありきのコスト高なビジネス

一方で、サービス提供者側に求められるのは、先の「料金体系が誰が見ても分かるように明朗に記されていること」。そして、そのサービス業者が全国展開しているのであれば、どこの支店においても同じサービス、同じ料金であることも必須事項となります。支店によってサービス料が違うなどというのは、それだけで不信感を持たれ会員離れを起こすキッカケになってしまうからです。

 

また、婚活サービス、ひいては結婚相談所というのは、最もお金の掛かる人件費ありきの「人が関わるビジネス」であるために、コストを下げるのが難しい面もありますが、それでもやはり、手ごろな価格帯であるのが理想的です。

 

誰がどう見ても高い会費を要する業者というものは根強く存在します。謳い文句としては、「金額に見合ったサービスを提供します」ということなのですが、正直そんなことは当たり前なのです。会費を抑えつつもベストなサービスを提供する。皆さんにあたってはそんな業者選びを是非して頂ければと思います。

 

 

 【婚活・結婚コンシェルジュ】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL