平服とフォーマルウェアの格好を学ぶ

formal wear

社会に出ると、宴会やパーティーに招かれる機会が多くなるものです。そこでは、学生の頃には気にも留めなかった「服装」で悩むことがあります。

 

婚活にも言える事ですが、送られてきた招待状に、当日の格好について、「平服」もしくは、「フォーマルウェア」といった記載がある場合がそれです。では、この「平服」と「フォーマルウェア」とはどういったものかを瞬時に理解できる人はどれぐらいいるでしょうか。

 

どちらの単語も抽象的な表現ですので、実際の格好は本人に委ねられることになるのです。まず、「平服」ですが、この但し書きが付いたパーティーには、スーツを着用していくことです。いつも着ているスーツで問題ないですが、出来ればダークトーンのカラーがベスト。ですから、もし、通常着ているものがグレー系の場合は、別のカラータイプを選択する方がベターでしょう。

 

「平服」という表現の中には、「いつもよりもちょっとだけ気取って来てください」という意味が往々にして内包されています。ダークトーンのスーツであれば普段着ているものでOKですが、中に着るシャツは気持ち華やかなものにしたり、胸ポケットにハンカチを挿すなどのちょっとしたアクセントを取り入れるのがポイントです。

 

 

誰が相手でも恥ずかしくない服装を心がける

次に「フォーマルウェア」についてです。こちらは、冠婚葬祭に適した、普段着とは違った格好で行く必要があります。「平服」とは違い、いつも着ているスーツではダメだということ。フォーマルウェアには、「ブラックフォーマル」と「カラーフォーマル」がありますが、いずれも特別仕様の服装というのが前提です。

 

しかし、このフォーマルウェアも今と昔ではだいぶ解釈が変わってきていて、モーニングコートやタキシード、燕尾服という一般的な“正礼装”ではなく、ダークスーツでも大丈夫なケースがほとんどなのです。

 

そのため、この「フォーマルウェア」についての表記があった場合は主催者側のテイストを加味した上で、臨機応変に対応するべきです。そもそもの「フォーマル」の意味を理解していれば、決してラフな服装で参加しようとは思いませんから、そこを踏まえたうえでコーディネートすれば問題ないでしょう。

 

大人になってマナーを知らないと、誰も注意してくれないばかりか、恥ずかしい思いをすることになります。まず、宴会やパーティーに招かれたときに「平服」や「フォーマルウェア」の但し書きがあれば、決して奇をてらう必要はありません。つまりトレンドを取り入れて、革靴でなく敢えてスニーカーといった類の“遊び”はいらないですし、求められてもいないことを知ることです。

 

そこがファッション関係者が集まるパーティーであれば話しは別ですが、通常の場では「作法」を踏襲することに徹します。ドレスコードのある会場では、普段接点のない人が大勢集まるものです。大企業の社長と急遽話すことになる場合だってありますので、いつ何時、誰が相手であっても、恥ずかしくない格好で参加するようにしてください。

 

 

 【婚活のマナー】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL