女性から男性へメールを送る際のポイント

from-woman

相手とのコミュニケーションは会話ばかりではありません。文字を伝達手段に使ったメールも大切なポイントとなります。

 

初対面の場合は、実際に会ったときの雰囲気や話し方で相手を判断することになりますが、電話やメールでも同じように推し量っているものです。そのため、必ずしも“会話”がすべてではないということ。相手との距離を縮めて良好な関係を築くには、メールにも細心の心配りが必要となります。

 

心配りといっても簡単なことです。メールだからといって内容をおろそかにしなければ、特別問題はありません。というのも、中にはメールの重要性を知らず軽んじているために、適当な文面を送る人がいるのですが、それでは相手に対して自分の評価が下がるだけなのですね。

 

ここでは、女性が男性へメールを送る際の注意点について紹介していきます。まず、ほとんどの男性は、女性と比べると鈍感だと言えます。

 

例えば、アナタが直接伝えるのが照れくさい内容を遠まわしに言ったとしても、それが相手男性に100%伝わることは難しいでしょう。それどころか、そもそもの内容自体が理解されない場合すらあるのです。これではせっかくお互いが、より仲良くなる機会をみすみす逃してしまうことになります。

 

 

メールでは積極的な内容がベスト

男性へメールを送る際は下手な駆け引きなどは考えずに、自分の気持ちをダイレクトに伝えることです。

 

「よろしければ、またお会い出来たらと思います」

「今日のデートは本当に楽しいものでした。またお誘いいただけますでしょうか?」

「今日お話しされていたあの映画ですが、私も是非観たいのでご一緒させていただけないでしょうか?」

など、メールの場合はちょっと積極的過ぎるぐらいの文面でなければ、ただでさえ鈍感な男性にはなかなか自分の気持ちが届きにくいものです。

 

男性側としてもこうしたメールをもらって嬉しくないはずがないのです。自分の気持ちをストレートに表現した女性からのメールは非常に好感がもてます。人によっては嬉しさのあまり舞い上がってしまうほどでしょう。ですので、相手男性が次の行動を起こしやすくなるように、メールではストレートに自分の気持ちを書くことです。

 

またここで、回りくどい表現を一切入れずにメールを送っても、あまり相手の反応が良くなければキッパリとその相手は諦めてください。直接的に気持ちを伝えても相手にとってそれはさほど嬉しくないものだったわけですから、つまりそれは、脈が無いということです。

 

また、万が一、嬉しいにも関わらず感情をうまく表現できない男性だったとしても、そうした優柔不断な人との交際はオススメ出来ません。周りを見渡せばいくらでも素敵な人はいるのですから、ひとりに固執することなく次の出会いに進むことです。

 

 

 【成功する交際法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL