結婚相談所の役割

相談所役割

世の中にはたくさんの結婚希望者がいます。しかし、その結婚の前段階である出会いの場は自らが切りひらくものだと信じ込み、お金を払って結婚相談所の力を借りることに抵抗がある人は少なくありません。

 

そうした人の多くは、「出会いは他人にゆだねるのではなく、自分自身の力で呼び寄せるものだ」という固定観念が邪魔をしてしまっているわけです。しかし、残念ながらこれでは今のご時世、理想の人と知り合う確立はグンと減ってしまいます。

 

そもそも、みなさん誤解しているようですが、この結婚相談所に入ったからといって手取り足取り交際を100%サポートしてくれるわけではありません。もちろん申し込んだサービス内容にもよりますが、基本は当の本人達にお見合いは一任しています。あくまでも、”出会うキッカケ”のお手伝いという位置付けなのです。

 

ですから、相談所のスタッフが「あなたにはこの人がベストマッチですから、この人とお付き合いしてください。そしてデートは○○へ行って下さい」、などという深入りしたコメントをすることは有り得ないのです。

 

 

結婚相談所から釣書(身上書)が定期的に送付

では、結婚相談所の役割は主にどういうものなのでしょうか。それは、あなたの希望条件に合った相手の情報(プロフィール)をコンスタントに送ってくれるというものです。その沢山のお見合い相手のプロフィールを確認して、あなたが会ってみたいと思った人を相談所に伝えれば、相談所が先方に会う意志があるかどうかを確認してくれます。

 

そして、そこで「お互い一度会いましょう」ということになれば、あとは当の本人同士で連絡を取り合って会うという流れになります。このように、相談所のスタッフが最初から最後まで立ち会うなどということはありません。

 

一連の流れをおさらいしてみましょう。まず、結婚相談所から釣書(身上書)というプロフィールが定期的に送られてきます。そこで、「お互い会って話しましょう」ということになれば、相談所のオフィスであったり、ホテルのロビーといった場所で対面することになります。このとき相談所のスタッフは仲介役としてお互いをサラッと紹介してくれますが、その後はすぐに立ち去って二人だけの時間を提供するという形になります。

 

そう、相談所は様々な相談にはもちろんのりますし、お見合いを円滑に運ぶサポートに労力を惜しみませんが、あくまでも当事者間にその後はすべて任せるということなのです。

 

 

  【お見合いのコツ】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL