恋愛ではなく結婚したいから婚活サイトを利用した

 get-married

30歳までに必ず結婚するという目標を、大学在学中に立てていた岡田真一郎さん(31歳)。日本大学を経て、地方銀行に勤める現在は既に31歳。しかし、その結婚に対する熱い想いは何ら変わりません。学生時代から明確な目標を立てているということで、結婚願望がかなり強いことは想像に容易です。

 

そんな岡田さんの人柄は誠実でおだやかな、絵に描いたような好青年像です。外見も整った顔立ちに中肉中背と、恋愛に困るようなポイントは見付かりません。聞けばこれまでに、5人前後の恋人と付き合ってきたようで、その中には結婚を考えた人もいたそうですが、相手がまだ結婚に対する意欲がなかったために、「それでは付き合っていても意味がない」ということで別れたとのこと。

 

現在31歳になる彼ですが、残念ながら当初の“30歳までに結婚”という目標通りにはいっていません。今は半年間彼女がいないようで、新たな目標を“35”に設定し直したそうです。どうやら目標を立てて行動するのは彼の性格なのでしょう。

 

そこで、なんで35歳なのかが気になったので訊ねると、実に岡田さんらしい自己分析ありきの返答でした。

 

「今の時代晩婚化といっても、30代後半になってもそれなりの容姿をキープ出来ている自信がありません。それに特別お金を持っているわけではないですから、年齢や容姿をカバーできるだけの強みもないわけですよ。ですから自分の良い状態で勝負できるギリギリの年齢が35歳ぐらいだと思うんですよね」

 

 

“いかがわしい”婚活サイトのイメージが払拭した

理路整然と計算された“35歳までに結婚する”という目標への第一歩は、婚活サイトに登録することから始めたそうです。

 

「婚活サイトというのが、女性に相手にされない、モテナイ人が利用するサービスではないということを知ってから利用することに決めたんです」という彼は、やはり世の男性の多くが婚活サービスに抱く、“いかがわしいイメージ”をそれまでは持っていたそうです。しかし、信頼の置ける友人の勧めで、ちょうど先月から使い出したと話します。

 

「お金を払ってまで結婚相手を探すことに最初は抵抗があったんですけど、僕は“結婚”がしたいんです。だから同じ意識を持った人が集まるサービスを使ってみることにしたんです。でも、恋愛が目的だったら利用していませんよ」と、31歳になる現在、若干の焦りを持つ彼は最後にこんな胸の内を明かしてくれた。

 

「今まで長く交際した相手でも同棲はしていないんですよね。だからいつも家に帰ったら部屋は真っ暗で、冬場はもちろん冷え切っています……正直それにもう耐え切れなくて。あたたかい家庭に対する憧れが日に日に増しているんです」

 

今までの人生で大きな挫折を味わっていない彼ですけど、唯一、結婚だけは自分の思い通りにはいっていない様子。しかし、婚活サイトを通じて本格的に動き出した今、岡田さんの人柄を見る限り“幸せな家庭”の獲得は決して遠い未来ではないことでしょう。

 

 

 【30代独身男性の結婚観】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL