30代未婚男性の彼女いる率はわずか30%

girlfriend

今や30代で未婚はなんら珍しいことではありません。それどころか男性に関して言えば、かつてはマイノリティな存在であったものがスタンダードにさえなり得る現状なのです。その辺の数値を集約したデータがありますので確認していきましょう。

 

まず、基本的には、結婚の前には恋愛があるのが普通です。年頃になると決められた相手と結婚していた昔のように、恋愛なくして結婚というのは現代社会では滅多にないはずです。そこで、この“恋愛”についてある大手のインターネット型婚活サイトがまとめたデータが中々興味深いものでした。

 

取材対象者は全国の30代未婚男性で、その数1000人。もちろんインターネットを通じて得たデータになりますが、それによれば、「今現在交際していると答えた人は全体のたったの30」に過ぎなかったのです。30代にもなってわずか3人に1人しか異性と継続したお付き合いをしていないという事実はショッキングですらあります。

 

でも、アナタの回りを見渡して欲しいのですが、確かに、年頃の友人知人が皆が皆、彼女がいるのかと言えばそうではないはずです。数値で見るとかなりのインパクトですが、冷静に判断すると3人に1人程度というのはあながち間違ってはいないことが分かるでしょう。

 

結婚の前に恋愛があるわけですから、その恋愛自体が少ない今、結婚を成就させることは至難の業なのです。では、残りの3人に2人の人たちについて視点を移しますが、果たしてこの人たちには人間的魅力がないのでしょうか。

 

先にお伝えしたように、全くそんなことはありません。むしろ、よくよく見ると人格者が多く存在する場合もあります。ですので、昔の感覚で「30代未婚男には何かしらの理由がある」という疑念を持つ必要はありません。もし、そうしたある程度の予測をすべき年齢層を挙げるとするならば、40代後半ぐらいからでしょう。

 

 

結婚適齢期の概念は5~10年延びている

30代未婚男性は、人間的に何かしらの欠点があるから独身なのではありません。押さえておきたいポイントは、21世紀の今、30代未婚は特別珍しいことではないのです。では、そもそもの“恋愛”さえしていないというのは一体どういうことなのかについてチェックしましょう。

 

データによれば、もちろん世の男性陣は「恋人が欲しい」と考えている人が大半です。しかし、昔と圧倒的に違う現象は、“想いがあるにも関わらず行動に移さない”ということ。例えば、合コンなどに出席して気になる女性がいたとしてもデートに誘うことはなく、また、好意を寄せている女友達がいてもその間柄だけで満足してしまい恋人までには発展しないのです。

 

恋愛(結婚)相手を探すために自分から何か行動を起こしているか、というアンケート結果では、なんと約75%の人が「何もしていない」と回答しています。では、1970年代生まれの男性陣は草食系なのかと言えば、それもまた違うはずです。

 

肉食系の気質を持ちながらも草食系的データが示すのは、根本的に結婚適齢期の概念が5~10年延びたことに起因するものだと推測できます。だから皆、口では「彼女が欲しい」「早く結婚したい」と言っても、切羽詰って行動に移す人たちは少なく、のん気さが抜け切らないのです。

 

 

 【30代独身男性の結婚観】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL