質問をして共感し、時には褒める

compathy

コミュニケーションをスムーズに、そして、相手とより良い関係を築くには、相手の話す内容に同調して、質問を繰り返すことがポイントになります。こうすることで、初対面の相手との距離感を縮めることが出来るわけです。そして距離感が縮まれば縮まるほどに、心を開いた状態になりますので自然と相手への好意も上がっていきます。

 

距離感を縮められるかどうかは、すべてアナタ次第。相手頼みにして待っていても一向に改善されません。そう、不思議と初対面の人との距離感というのは、自分で積極的に動かない限りは良くならないものなのです。

 

では早速、会話をより良くし、相手の心を早く開かせるテクニックを見ていきます。それは、質問すること。しかしこの時、「もっともっとアナタのことが知りたいんですよ、だから教えてもらえませんか?」という心から出たものでなければいけません。「ネットで見たからとりあえずなんとなく質問してみよう」は全く通用しないばかりか、逆にその心境が相手に伝わり逆効果になってしまうのでご注意を。

 

会話の中で質問を繰り返すと、理想的なキャッチボールが生まれます。そして、この質問でつながる会話が、相手を知るのに最もベストな手法です。相手に少しでも好感を持てば、きっと一つや二つは聞きたいことが出てきます。ですから、その自然な衝動をそのまま相手にぶつければOKです。

 

何も聞きたいことがないのに無理につなげようとしたところで、それはうまくいかないはずです。相手も馬鹿ではありませんので、「この人は自分に興味があるかどうか」というのは質問内容や雰囲気で瞬時に分かってしまうものなのです。

 

 

相手が心地よく感じる状態を作る

コミュニケーション全般に言えることですが、質問をすればお互いの理解は深まります。出会いの場では尚更です。そもそも、相手に好意を持っていれば聞きたいことが出てこないことはあり得ません。ですので、どんなことでも、「もっとアナタを知りたい」という欲求に従い質問すること。そして、次のテクニックは、相手の話しに「共感」することです。

 

共感もかなり効果的なテクニックです。会話の中で自然と出る場合が理想ですが、なかなかうまくいかないようでしたら「意識」するべきです。相手にとり共感されることは、非常に気持ちの良い状態となります。そして、こちら側には「私はアナタと同じ考えですよ。気が合いますね」という意思表示が背景にありますので、距離感もグッと近くなるのです。

 

更に、距離感を短く加速させるには、相手を「褒める」ことも外せません。この「褒める」ですが、とってつけたような感じではダメです。「自然と、さりげなく」、がコツです。「そうなんですかぁ、凄いですねぇ」「そんなことは普通の人は出来ませんよ」、あるいは「その洋服の色は良くお似合いですね」など、奇をてらわずにサラリと言うのがベターなのです。

 

共感されることと同様に、誰でも褒められれば気分は良いものです。そうした相手の心地良いと思えるシチュエーションを多く用意することが、会話のテクニックだと言えるでしょう。

 

 

 【成功する交際法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL