聞き上手は、相手の話しを最優先にする

good listening

会話の良し悪しを決める要素に、「聞き上手」があります。読んで字の如く、相手の話をうまく聞くことが出来るかどうか、ということです。

 

よくある例ですが、自分ばかり話していて相手の話をあまり聞こうとしない人がいます。そして、こうした人たちは不思議と自分が「会話上手」だと誤解しているものです。相手側にとっては、自分ばかり話している人との会話ほど退屈なものはありません。会話というのは、相手とキャッチボールができて初めて成立するものですから、一方的に話していたのでは、それはもはや「会話」ではないのです。

 

言い換えればそれは、キャッチボールではなくゴルフの打ちっ放し。相手がいようがいまいが関係なく、自分さえスカッとすれば良いわけですね。それでは友好な関係など築けるはずもありません。また百歩譲って、その内容が相手も興味のあるものであればまだ救いはありますが、それがまったく関心のないものであれば、もはやその時間は相手にとり苦痛以外の何ものでもないのです。

 

誰だって自分の話を聞いて欲しいという気持ちは一緒です。どんなに、「話すよりも聞くのが好きな人」であっても、時には自分の話しに耳を傾けてもらいたいときもあります。しかし会話をうまく運ぶのに欠かせないテクニックは、まずは「相手の話しに耳を傾けること」。これがコミュニケーションをスムーズにするコツで、「聞き上手」になるポイントなのです。

 

 

相手への好意はしっかり聞くことで示す

ひとつ大切なことをお伝えしておきますが、会話する上で、相手に興味がなければその人の話しなどは聞かないものです。ですので、相手の話をしっかり聞くという姿勢は、「私はアナタのことがもっと知りたいんですよ。アナタに好意をもってるんですよ」という意思表示なのです。

 

こうしたことを言葉にするのは容易ではありませんが、行動で示すならば誰でも出来るはずです。だからこそ、一言一句聞き漏らすことなく、しっかり聞くという行動そのものが大切となってくるのです。

 

そしてこのとき、相手の話しを微動だにせずに聞くなんてことは絶対にしてはいけません。アナタがやっているのはキャッチボールなのですから、例えアナタが話さないでもなんらかのリアクションを返す必要があります。

 

それには視線を合わすことはもちろんですが、「相槌を打つこと」「手や顔を使って返事をすること」「相手の話しに質問すること」などが求められます。要は、話をしっかり聞いているという姿勢が相手に伝われば良いのです。そして相手が十分に話し終えた後で、今度は自分もタイミングを見計らって話し出しましょう。

 

この聞き上手のコツを実践すれば分かりますが、実は自分が話している時よりも、相手の話を聞いている時の方が楽しい場合が多いことに気付くはずです。

 

 

 【成功する交際法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL