結婚式の仏滅と大安の違い

great day

結婚を意識するようになると、「仏滅」や「大安」といった六曜と出くわす機会が増えます。そして、この六曜が最も身近になるときは、おそらく結婚式を挙げる日取りのときでしょう。

 

はっきり言って、私たちは普段、この六曜とは無縁の生活を送っています。ですから、特別関わらないでも全く問題なく過ごせるのですが、結婚といった儀式の前ではそうもいきません。結婚そのものが古来から伝わる由緒正しいものですから、同じく昔ならではの六曜が密接に関係してくるのです。

 

では、おぼろげには分かっていると思いますが、「仏滅」とはそもそも何でしょうか。この仏滅は6日に1度訪れるもので、今で言う、月火水木金土日のようなものですね。意味は「仏も滅亡するような最悪の日」とのことですが、冷静に考えるとそんな日が6日に1度訪れるというのも凄い話です。

 

では、「仏滅」と対極に位置する「大安」はどうでしょうか。これは読んで字の如く、「万事大吉で、成功しないことはない」というもの。こちらも仏滅同様に意味的には凄い日です。それが6日に1度やって来るんですから有り難い限りですね。しかもこの「大安」は、「仏滅」の次の日に設定されていますから強弱も半端ではありません。仏滅が最悪なのに対して、大安は最高。至ってシンプルな内容といえます。

 

 

“真冬”の“仏滅”で結婚費用を抑える

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口からなる六曜ですが、科学的根拠は何もありません。古くから継承される言い伝えというわけですが、日本の様々な儀式においては実に多く活用されています。むしろ、格式ばった儀式で六曜がないがしろにされることはないのです。

 

内閣の組閣などはもちろん大安でしか成されませんし、結婚も然り。では、仏滅には結婚式を挙げることは出来ないかと言えば決してそうではなく、むしろ総額が割安になります。そこで、その割引率を調べてみました。

 

最高の「大安」と最悪の「仏滅」では、当然式場にもよりますが、一般的には2~3割引になる場合がほとんどのようです。確かに、わざわざ遠方から両家の親族を呼んでまで行う一生に一度の式を、何も最悪の日にする必要もありませから、これぐらいの割引率は当たり前とも言えます。

 

しかし、お金のない若いカップルにしてみれば逆に「仏滅」こそが狙い時です。が、親族の手前そうもいかないのが実情ですから、その辺をうまく納得させてクリア出来れば、割安で素晴らしい式を挙げることが出来るはずです。そして、更にオススメは、結婚式を真冬に行うこと。真冬のウェディングドレスは、外に出た場合相当に寒いのと、列席者も辛いために人気がありません。そこを仏滅と組み合わせれば、式のクオリティを維持したまま費用を抑えた結婚式が実現できますので、ひとつの案として用意しておきましょう。

 

結婚する若い本人同士は仏滅なんか気にしないと言うカップルも多いのですが、結婚式は親族や大勢の人が集まります。「仏滅に結婚式なんかとんでもない!」と気にする人などが出てきて、実際には結婚シーズンでも仏滅はガラガラだったりします。

 

 

 【世界の婚活事情】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL