第一印象は“挨拶”で決まる

greets

人に好かれる要素に、「挨拶が出来るかどうか」があります。当たり前ですが、挨拶というのはコミュニケーションをする上で最も基本的な部分です。挨拶ありきで相手との対話が始まりますので、この一番最初の段階を適当にしていたのではその後がうまく続くはずもありません。

 

相手と対話する上でポイントとなるファーストインプレッション(第一印象)は、会って5秒以内に決まると言われています。「なんだか雰囲気の良い人だな」、あるいは「元気がなくてどうも陰気くさいな」、といったイメージを司る重要な要素のひとつが挨拶なのです。

 

想像してみてください。お腹を空かせたアナタが街中の、とあるお店に入ったとします。その時に「いらっしゃいませ!」と快活に言われるのと、妙に低いテンションでボソッと言われるのでは受ける印象は全く違うはずです。このように日常のありきたりなシチュエーションに当てはめてみれば瞭然なのですが、相手に対して気持ちが良い・悪いという印象を決めるのは「挨拶」が大きく関わっているのです。

 

 

挨拶する上での3つのポイント

飲食店であろうとなかろうと、「挨拶」はコミュニケーションをとる上で重要なポイントです。挨拶次第で相手への印象が180度変わることだってあります。極論、例え飲食店の店員がミスをしたとしても、第一印象が良ければ大抵は許してしまえるもの。ですから、これほど見えざる力を持つ「挨拶」を、恋愛の場で上手く使わない手はないわけですね。

 

しかし、ひと口に挨拶と言っても、普段当たり前のようにしている分、気持ちを込めてやろうとするとなかなか照れくさく、難しいものです。友人知人、会社での挨拶の場合、相手の目をしっかり見て気持ちを込めることなく、どこか惰性でしてしまっている人がほとんどでしょう。確かに、そうした場ではそれで済む(済んでいると思っている)かもしれませんが、婚活の場では決して通用しません。

 

異性との初対面時に慣れて無い人が、いざ本気で挨拶しようとすれば、どこかぎこちなく照れてしまうものです。でも、そこは気持ちを切り替えて、勇気をもって挨拶するように心がけてください。難しいことは何一つありません。変に自分を良く見せようとしないで、自信を持って挨拶することです。ポイントは、「元気の良さ」「背筋を伸ばした姿勢」「相手の目をちゃんと見る」、この3点です。

 

このポイントを押さえていれば、初対面の相手に第一印象で不快感を与えることはないでしょう。もちろん、このときに「柔和な笑顔」といった要素も必要になってはきますが、少なくとも、初期段階では挨拶を確実にすることに集中してください。その上で良好な空気感を保ちながら、「笑顔」や「相槌」といった要素を加えながらコミュケーションをとっていくのがベターなのです。

 

 

 【成功する交際法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL