相手に求める条件のハードルは低くが鉄則

haadoru

容姿や年収、財産など、いわゆる“婚活スペック”と呼ばれるものに人一倍固執する女性は意外と多いです。でも、そこに固執するあまり結果的に、いつまで経っても結婚出来ないばかりか、気が付いた時にはもう誰も相手にしてくれなくなった、という状態では目も当てられません。スペックに意識を集中し過ぎないこと。これがより良い結婚を成就させるコツでしょう。

 

結婚相手に求める条件をたくさん列挙するのではなくて、厳選したものを数点、場合によっては1点だけを掲げるようにします。例えば、「親と同居はNG」だったり、「年収は550万円以上」、「酒やタバコはやらない」といった具合です。

 

このように自分の中で絶対に譲れないポイントを挙げておくのです。そして、それをクリアした男性であれば、「気が合えば誰とでもまずはデートをする」というスタンスでいた方がステキな出会いが待っているものなのです。

 

理想のスペックだけをたくさん掲げて、それに合う男性ばかりを探していたのでは一向にアナタのお眼鏡に適う人などは現れません。はっきり言っておきますが、夢や理想ばかりを追い求める“痛々しい女性”に成り下がらないように注意することです。男性というのはそういうタイプの女性を最も毛嫌いするからです。

 

基本的には人と人が出会う場において、「スペックが高い男性と一緒になりたい」という発想自体がおかしな話です。まあ、婚活業界というものがそういう世界ですので、ここで異論を唱えたところで何も始まりませんが、そもそも恋愛や結婚というのは相手本人の人間的魅力に紐付いています。相手のバックボーンであるスペックと呼ばれる年収や財産の類は後から付いてくるものです。

 

それなのに、それを先に条件に掲げて男性を選んでいたのでは本末転倒。とは言え、婚活市場の今の流れがスペックありきのためしょうがないのですが、でもだからこそ、欲張らずに可能な限り条件の幅を広く持たせておくことで素晴らしい男性と巡り会える確率が上がるのです。

 

 

相手の“顔”でNGは極力出さないように

考えても見てください。「年収が600万円以上の人とでなければ結婚したくない」と思っていたとしても、現在は年収が400万円だけど将来的にその額が2~3倍になることが約束(保証)されている人も中には存在するのです。

 

でも、そうした男性というのはそのことをスペックに書くはずもありませんから、結局は会ってみないことにはその人のことは何も分からないのです。そのために、いかなる場合も条件の縛りはゆるくしておくべきなのです。

 

仲人型・結婚相談所で相手を判断する最初のポイントはプロフィール写真です。さすがに今時、「カッコ良い人でなければ会いたくない」などという女性はいないでしょうが、それでも人によって個人差こそあれ、まずは“顔”で相手を判断しています。自分の好みのラインからどこまでが許せるレベルなのか、つまり、どこまで許容ラインを低く設定することが出来るのか、ということ。

 

ここでアドバイスするならば、生理的にどうしても無理というレベルの人以外は、極力“顔”でNGは出さないようにすることです。会ってみればその顔のマイナス部分を補って余りあるほど魅力的な男性も多々います。ですので、下手な絞り込みでせっかくのチャンスを逃さないようにしましょう。

 

素晴らしい結婚を成就させるには、相手を見かけではなく内面で見て、判断することです。長年に渡り使い古された言葉ですが、これこそが真実なのです。顔が多少悪かったり、ファッションセンスが最悪だったりしても、そんなのは今後アナタと一緒になればどうにでもなります。つまり、間違いなく改善させられるということです。でも、相手の性格や思考というのはどうにもなりません。その辺を踏まえた上で、婚活を行うようにしてください。

 

 

 【女性の短期結婚法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL