婚活でセックスの話題は絶対にNG

NGワード

巷では、誤った婚活ノウハウを、さも当たり前のように紹介していることが稀にあります。書籍や雑誌などでそうしたものを目にする機会があるのですが、その内容が実にひどいのです。

 

それは、「セックスの話題が出ても恥ずかしがらずに普通に対処する」、というものです。これにはさすがに呆れて言葉もありません。いくら男女がオープンな世の中になっているとは言え、これは全く別次元の話しです。

 

そして、そうした内容のことを自信満々に書くエッセイストや評論家の類は総じて三流だと断言できます。ですので、少なくともこのサイトをご覧の皆さんにあたっては、セックスという非常にナイーブなことに関する誤った認識を鵜呑みにしないで頂きたいのです。

 

そもそも婚活の場でセックスの話題が出ること自体おかしな話。でも、どんな状況下で、またどういう流れでその話題が出たのかは、当事者間でなければ分からないものです。しかし、だとしても、このセックスというワードが出てきたときは、アナタは一歩引いたスタンスを決して崩さないようにすることです。

 

あからさまに嫌な顔をする必要はありませんが、出来るだけ「私はこの話題には興味がありません」という態度を示すのです。そこで、そうしたアナタの態度に不満を持って離れていくような男性であればその時点で別れて大正解。そんな気持ち悪い男と一緒になったところで幸せになれる保証はほぼ100%ないでしょう。

 

女性である皆さんは、ことセックスの話題に関しては距離を空けることです。男性が話すことに嫌々でもなんとか付き合ったとします。しかし、相手に釣られて自分もその内容について話すことなどあってはいけませんし、また、万が一そうしたことを求める男性であればその場で帰っても良いぐらいなのです。

 

 

書籍や雑誌の内容を鵜呑みにしてはいけない

ここで忠告したいのが、先の三流のエッセイストや評論家による、間違ったコメントです。「これからの時代、セックスの話を恥ずかしがらずにどんどんして、異性との距離を縮めよう」、なんていう目を疑うようなことが平然と書いてある場合です。いったいどの時代に、どういう環境であればそんな女性が存在するのでしょうか? 説明するのさえ馬鹿馬鹿しくてウンザリしてしまいますが、これを当たり前のように全国誌で紹介している人間がいるからタチが悪いのです。

 

「女性がフランクにセックスの話しをして良い」なんてことなど一切ありません。蓋を開ければ、三流のエッセイストなどが書くそれは、自分自身に豊富な恋愛や交際経験が無いにも関わらず、願望も含めて書いてしまっているケースが大半なのです。そんなインチキライターのたわ言に耳を貸すほど愚かなことはありませんね。

 

女性がセックスを話題にして得することは何一つ無いのです。比較的『性』についてオープンなアメリカでさえ、婚活のような場ではフランクに話す話題とはされていません。そもそも、セックスを恥じらいなく話す女性はそれを口にした途端に、相手男性の結婚候補からは瞬時に外れます。これは間違いありません。まともな男性は、そんな羞恥心と道徳的観念が欠如した女性などと結婚はおろか、交際すらしたくないのです。

 

書籍や雑誌に書いてあることをそのまま信じ込むのは危険です。その業界に少しでも身を置いた経験のある人なら分かりますが、ライターと呼ばれる文章を書いている人たちが一般人と比べて恋愛経験が豊富だったり特別何か優れているかと言えばそうでも無いのです。また、書いてある内容が全て正しいかと言えば、同じくそれもまた違います。それどころか、裏付けなく誤った情報を発信しているケースも多々あるほどです。

 

当たり前のこと過ぎるので敢えて言う必要はないかもしれませんが、アナタが悪質な書籍や雑誌に騙されないためにココでひとつ断言しておきます。『セックスの話題は婚活では絶対にNG』、だということ。そして、話題を振られても乗らないことです。相手は長年の友人ではなく、他人です。ではいったい他人にそんな話をする下品な人間がどこにいるのでしょう。女性は女性らしく。これこそがいつの時代も普遍的な要素であることを忘れずに。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL