高額な費用は本気度の現れ

high cost

【ケース・1】

結婚相談所というのは、必要金額を支払ってすぐに婚活ができるものではありません。様々な段階を踏んでようやく活動できる仕組みのために、人によっては面倒くさく感じる人も多いのです。

 

まず、「その人が一体どういう人なのか」を見極めるために、気が遠くなるほどの項目が用意された適性チェックシートを行います。そして、その後に支払いの話しになった際のA社のケースを見てみましょう。

 

このA社は比較的名前の知られた、いわゆる「大手」の結婚相談所です。婚活にかかる費用は入会金と、その他の初期費用、そして定額の月会費となり、一番初めには10万円以上のお金が必要となります。さすがに一般的には高額な金額ですから、「初期費用は高いんですね」、と感じたままを口にしてみたところ、意外なほど毅然とした態度で反論されました。

 

「もしこれぐらいの金額が払えないのであれば、結婚しても先が思いやられます。また、そうではなくて、そもそも結婚相談所にそんなにお金を払いたくないというのであれば他を当たるべき。この金額に見合ったサービスは間違いなく受けれますし、この金額は当事者の本気度の現れでもあるんです」

 

 

自社のサービスに自信を持つ結婚相談所スタッフ

本気でなければこれだけの額は支払わないということは、確かに一理あります。しかし、お客さんの方から「高い」と言われることに対してはだいぶ抵抗があるようです。相談員は更に、諭すようにこう続けました。

 

この10万円前後という金額は同業他社と比べても決して高くはありません。もしインターネットのサービス等と比べているならば、質が全く違いますので比較にはなりません。入会金が安いところにはそうした人が集まり、高いところにはそれに相応しい人が集まるものです。分かりやすく言えば、高級車を扱うディーラーと、大衆的な中古車屋との違いと一緒です。そうした場にはそれぞれ、そこに適した人が居合わせるものなのです」

 

さすがに百戦錬磨の相談員のトークには説得力があります。が、決して忘れてはいけないのが、どんなに丁寧に適性チェックシートを記入して高額なお金を支払っても、「結婚そのものは保障されない」ということ。相談所は可能な限りのお膳立てはしてくれますが、最終的なゴールは当事者自身が決めるのです。

 

当たり前のことではありますが、どうしても数十万という大金を支払っているために、他力本願になってしまいがちになるのもまた事実。しかし、それなりに定評のある企業であれば、パンフレットやWEBの最後には、その当たり前のことをしっかりと明示しているものです。

 

「A社のシステムやサービスは結婚を保証するものではありません」。いかなるときも、婚活は自分次第だということ。そう、「結婚までの最良な手段をどうするか」は、アナタ次第なのです。

 

 

  【婚活の種類】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL