高所得者ほど結婚相手への要求も増える

rich man

年収至上主義の世の女性の方には、是非事前に知っておいて欲しいことがあります。

 

それは、「年収が高い人と一緒になったからといって幸せになれるわけではない」ということ。どうしても、お金で人を判断してしまう人は、「お金=幸せ」という独自の尺度を持ち、それで全てをとらえようとするフシがあるのですが、これはかなり危険な価値観だということを知っておくべきです。

 

ここでは、あるビジネス誌の編集者が、高所得者を対象にしたパーティーで取材を行ったときの様子を見ていきます。

 

ちなみに、その中の最高年収は2500万円で、最も低くても1500万円。そこは、もはや経済の中枢を担うような職に就く人が集う、別世界の場でした。

 

またこの会には、いわば成金系のちょっと下品な雰囲気の人はおらず、皆洗練された空気感をまとっていました。その為当然、学歴も良く、身のこなし方もスマートで申し分がないといった人ばかり。

 

そうした、起業家や外資系の未婚エリートが結婚条件に挙げていた内容が印象的です。

 

「結婚相手には働くことなく家にずっといてもらいたい。会社から帰ったときは常に出迎えて欲しい」

「子供を授かったら絶対小学校から私立に入れる。自分がそうだったからそれは当たり前」

「仕事終わりはパーティーに呼ばれることが多い。結婚相手にはそうした場に同席してもらいたい。だから美しくて社交的でないと話にならない」

 

 

高所得者との結婚は必ずしも幸せではない

こうした冗談のように聞こえる話も、高所得者たちにしてみれば当たり前の話。そして、ここまで偉そうというか、鼻につく言葉は、年収が上がっていくほどに増えていく傾向が見られるのです。

 

しかし、あくまでも一般の人から見ればそういう印象を受けるのですが、当の本人たちにしてみれば、「ごく当たり前のことを普通に話している」に過ぎません。

 

確かに、そうした数パーセントの高所得者にしてみれば、そうした経験があって始めて今の立場があるわけですから、何も結婚するからといって今までのスタンスを変える必要などないのです。というよりも、変えるような相手ならこっちから願い下げという立ち位置。

 

なので、自然と、結婚相手に求める要素も高くなり、相手のほうが自分に合わせることを望むわけです。

 

このように、それなりに難しい点も挙げましたが、もちろん中には至ってフランクな高所得者も存在します。ですから、あくまでも「傾向的」にそういうことが多いということを頭に入れておきましょう。

 

 

 【女性の結婚指南】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL