独身男性は失恋を引き摺らず新たな出会いを探す

hikizuranai

婚活においては失恋も必要な要素だと言えます。もちろん、初めて出会った人と百発百中、そのままゴールインするハッピーエンドもありますがそんなのは稀です。多くの人は数度の失恋を経て、ようやく幸せを掴み取るものなのです。

 

そして、そこでは誰もが、身を引き裂かれるかの苦しい経験を味わうことになります。その恋愛が本気であるほどにその辛さは倍増します。逆に、大して好きでもない人と交際していればそうした想いはしないもの。好きだったからこそ、心のダメージは大きくなるわけです。

 

失恋を経て人は成長します。そして、この言葉は真実です。別れた当初は、この世の終わりかの気持ちになり、「もう恋愛なんて出来ない」と落胆することでしょう。しかし、そうした気持ちは時間が経つほどに癒えていくものです。人は失恋を経験して心が強くなります。結果的に、自分ばかりではく相手の心の痛みも理解することが出来るようになり、人間としてひと回り成長するのです。

 

また、恋愛中は回りに目が配れず、相手だけしか見えない状況になりがちです。しかし、一旦別れてから振り返ると、これまで相手の見えなかった部分を冷静に観察することが出来ます。すると、必ずしもその人がアナタにとって最善ではないことが分かる場合だってあるのです。

 

失恋をプラスに持っていく思考は必須です。「相手のことを引き摺るな」とは決して言いません。失恋で思う存分に落ち込んで、ひと回りもふた回りも成長した後に、次への糧とするのです。冷静になるからこそ見えてくる部分、また、世の中にはアナタに合う女性がまだ沢山潜んでいるという事実を知るべきです。

 

 

男性は45歳まで、女性は40歳までがひとつの目安

失恋したからこそ新たに出会える女性がいます。今までの彼女もきっと魅力的だったでしょうが、それ以上に包容力があり、笑顔が溢れている人と巡り会うかもしれません。そしてその人は、子供好きなアナタの願望を叶えるべく、多くの赤ちゃんを授けてくれそうな若く活発な人であるかもしれません。すべては一期一会。たった数度の失恋でくじけている暇は無いのです。

 

出会いというのは本当に不思議なものです。ひとりの意中の人がアナタの元を去れば、必ずそれ以上の別の人が現れるものです。ですから、皆さんに覚えておいて欲しいのは、「この人と今後一緒にいても幸せになれない」と感じたのならば、時間を無駄にせず、迷うことなく次の出会いを探すことです。そこにはきっと、今まで以上の素敵な出会いが待っているからです。

 

でも、そうした行動に出るには年齢制限があるのもまた事実。だいたい男性は45歳まで、女性は40歳ぐらいまでがひとつの基準になってきます。ですので、その年齢を超えるようなタイミングであれば、「別れる」ことを選択する前に、今一度その恋愛をじっくり見つめ直すことも必要でしょう。

 

言うまでも無く、アクティブな行動が結果的に裏目に出ることがあるからです。誰もが年齢には勝てません。今までのパートナーのように交際をスタートさせて、長い時間をかけて信頼関係を築いた後に結婚という過程を踏んでいる時間がないのです。若い頃のように“パパッ”と見切りを付けるのではなく、基準値をまたぐ年齢では慎重な判断が肝要となってくるのです。

 

 

 【40代独身男性の婚活】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL