ブランド物やアクセサリーの付け過ぎはひんしゅくを買う

アクセサリー

婚活女性が注意すべきポイント、それはアクセサリーを付けすぎないことです。自分では「かわいい」と思い身に付けるわけですが、実際男性から見ると、それが似合っているとは限らないのです。それどころか、付けすぎることで「引いてしまう」こともあるので要注意。

 

20代から40代にかけての婚活女性にとって、必要以上の装飾品はまったくいりません。指輪やネックレス、ブランド物のバッグといったものは自己満足でしかなく、肝心の男性の側からすると、それらは少ないほどに好感が持てるものだということを知っておきましょう。

 

また、高齢女性でもないのですから、アクセサリーを付けて着飾る必要はなく、美しいその肌で十分勝負が出来るのを忘れてはいけません。異性は何も10代のような肌を求めているのではないのですから、40代であっても自信を持って装飾品などに頼らないことです。

 

それらアクセサリーをこれでもか、と身に付けている派手な女性は見ていて息苦しいのです。一緒にいたくないのです。そんな人よりもシンプルな格好の女性の方が何倍も魅力的に映ります。

 

実にもったいないという例があるのでご紹介します。その女性は20代後半。いつも全身くまなくアクセサリーを身につけ、ブランド物のバッグや洋服で着飾っています。しかし、彼女の肌は実年齢以上に美しく、誰もが見惚れてしまうほどなのです。ところが、その恵まれた体を彼女は理解していないために、余計なものでカバーしようという考えが出てしまうのです。その結果が過剰なまでのアクセサリー類だということ。

 

彼女の指には常に2個以上のゴールドやシルバーのギラギラとした指輪が付いています。そして他にも、チェーンブレスレットをひとつでは物足りないのか二重にして装着。首回りには文字通りジャラジャラと下品なネックレス、両耳にも当然大きなピアスがついています。

 

洋服に関しても、全身ブランド物で固めているその姿はどうみても残念でなりません。何もしない方が断然美しいことに本人は気付いていないのです。というよりも、装飾品で着飾ることこそが男性に対してのアピールになると信じ込んでしまっているのです。この思考は不幸以外のなにものでもありません。しかし、当の本人は真剣そのものですからタチが悪いのです。

 

 

女性の飾らない姿に男性は惹かれる

皆さんにあっては、こうした偏った考えを持たないことを切に願います。というよりも、ここでそれが良くないというのを明確に伝えていますので、まず間違えることはないでしょう。男性は着飾った女性に興味を持ちません。そんな女性が好きなのは、一昔前の趣味の悪い田舎の成金ぐらいです。シンプル・イズ・ベスト。女性は、本来の姿にちょっと手を加える程度が最も美しいのです。

 

全身にアクセサリーを身に付け、ブランド物の洋服で固めるのが趣味だとしたら、それを否定はしません。お好きにどうぞ、と言うだけです。でも、それが趣味ではなく、単純にその格好を、「かわいい」と思ってやっているのならばただちにその考えを改めることです。

 

何度も言うように、そんな姿を見て男性は、同じように「かわいい」とは感じないからです。もし、「かわいい」と思うとすれば、せいぜい身に付けている中で一番シンプルなものでしょう。ほとんどの男性は、ジャラジャラとした物に対しての嫌悪感が大きいのです。

 

40代までの婚活女性であれば、アクセサリー類は必要最小限に抑えておきましょう。むしろ無くても良いほどだというのをまずは頭に入れておくことです。その中で、金額的にも10万円以下、出来れば5万円以下のアクセサリーを2個までとするのが、ひとつの目安になります。

 

指輪ひとつ、ネックレスひとつ、といった感じです。それぐらいのアクセサリーであれば見ていて疲れませんし、逆に本人を映えさせる効果を生むこともありますので、アナタをより美しく演出してくれるのです。

 

アクセサリーにはまると自分では気付かないうちに「付けすぎる」という傾向に陥ります。そして、ジャラジャラとした装飾品は男性にとって不快でしかないので、先ほど伝えたように、2個までを目安として、あとは肌に自信をもって、「飾らない美しさ」で勝負する癖をつけましょう。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL