“褒めること”と、“ありがとう”で婚活は決まる

homeru

交際をうまく運び、結婚を成就させるコツをお教えします。それは、『相手のことを褒めること』、そして、『ありがとうを言うこと』の2点です。

 

この2点を押さえるだけでアナタの婚活は飛躍的に向上するはずです。多くの人はこの2つを意識していませんが、誰でも簡単に出来ることですので、いざ実践してみればその効果の大きさが肌で分かることでしょう。

 

まず、褒めることから見てみましょう。アナタは最近、他人から何か褒められたでしょうか。社会人になって他人から褒められるというのはきっと少なくなっていることだと思います。それどころか、ここ数年まったく褒められたことなんか無いという人の方が多いかもしれません。そう、他人に褒められる、また、褒めることというのは、当たり前のようでいて、日本ではあまり実践されていないのが現状です。

 

しかし、かつて褒められた時のことを思い出してみてください。きっと皆さん、嬉しい気持ちになったはずです。他人から褒められるというのは誰でも心豊かになるものだということ。ならば、これを婚活で実践しない手はありませんし、そもそも相手を褒めるというのは、コミュニケーションを取る上では必要不可欠なものなのです。それはアメリカを始め、海外を見渡せば一目瞭然。会話中に些細なことでもお互いを褒め合うのは自然なことなのです。

 

このように、必要不可欠なことをしないでコミュニケーションを取ろうとするのが、日本人の悪い癖とも言えます。「周りがしないんだから自分もそれで良いや」では、結局他人と同じレベルの婚活しか出来ません。ライバルから一歩も二歩も先を行くためには、「褒めること」は是非マスターしてください

 

実践でのコツは、会った瞬間に出来るだけ褒めること。もちろんデートの中盤、終盤でも悪くはありませんが、やはり最初に言うのが効果的です。誰だって会った瞬間に褒められたら嬉しいですし、それは結果的に今日一日のデートを気持ちよく過ごせることにつながります。内容は何でも良いのです。

 

「今日着ている洋服は素敵ですね、すごく似合ってますよ」だとか、「髪切られたんですか。さっぱりして良いですね」といった感じで、奇をてらうことなく、見たまま、思ったままを口に出して褒めれば良いのです。繰り返しますが、褒める内容は何でも良いのです。最初は誰でも相手を褒めることに抵抗があるかもしれませんが、慣れてしまえば何てことありません。とにかく、実践で言う習慣をつけましょう。

 

 

1回のデートで3回以上“ありがとう”を言う

さて、お次は「ありがとうを言うこと」です。これは今までの人生で当たり前のように出来ている人と、そうでない人に二極化されます。今まで出来ていない人というのは、何か原因があってしてこなかったわけではなく、「ありがとう」の重みをさほど理解していないがために、積極的に発することがなかったのです。

 

しかし、ありがとうの威力を甘く見てはいけません。この台詞をいつでもすんなりと言える人は、誰からも好感を持たれるものです。「ありがとう」を言える人というのは、もうそれだけでポイントが上がります。アナタの周りを見渡して欲しいのですが、「ありがとう」がすんなり言える人というのは、やはり誰が見ても魅力的のはずです。

 

ですので、1回のデートで少なくとも3回は言うように心がけましょう。些細なことでも迷わずお礼を言う癖をつけるのです。何か物を取ってくれたらありがとう。食事や飲み物などをご馳走してくれたらありがとう。気遣ってくれたらありがとう。こうして見れば、その都度ありがとうを言えば、1回のデートで3回などでは足りるはずがないのが分かることでしょう。

 

褒めることと、ありがとう。この2つを忘れずに、積極的に言うようにしてください。ただこの2点を押さえておくだけで、ライバルに相当大きな差を付けれることを保証します。

 

 

 【女性の短期結婚法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL