食事の際は他人ともフランクに話す器量が必要

フランクに話す

皆さんは食事のときに、その空間を楽しむ努力をしていますでしょうか。食べることばかりに夢中になって回りに気を配らない、なんてことはありませんか。もし、そうだとしたらいち早く改善しなければなりません。異性との食事は、家でただひとりで食べるのとは訳が違います。食事以外のことも全部含めて、その時間を楽しむことが求められるのです。

 

食事における理想的な女性像というのはいったいどういう人を指すのか。それについて見ていきます。

 

いわゆる『できる』女性というのは、男性に素敵なお店に連れて行ってもらったときの対応が、一般的な女性と比べてほぼすべて違います。例えば、カウンターの席で目の前にマスターがいるケースです。こうしたシチュエーションでは、『できる』女性は皆、必ずマスターと会話します。

 

ここで、「連れて来てもらった男性の手前、マスターといえども話しかけたら良い印象を与えないのでは」、と変に勘繰ってしまうのは三流の思考です。むしろ、それなりのクラスの男性であれば、マスターに話しかけているあなたの姿を見れば、より惹かれるはずです。

 

ここで先の、「自分以外の男性と話すことは気に入らない」というようなタイプの人間に対しては、アナタが気を遣うどころか逆に、その場で三下り半をつけた方が賢明でしょう。はっきり言いますが、そんな度量の狭い男性と一緒になったところで幸せになどなれないからです。

 

さて、マスターに積極的に話しかける女性こそ魅力的という話しですが、ここでの内容は、その日のオススメの料理やドリンクなどについての会話がベターでしょう。「今の時期はどんな料理がおいしいんですか」だとか、「こういう味のドリンクを飲みたいのですがお願いできますか」など、なんてことのない内容だとしても、他人と会話をしようとする姿勢が肝心なのです。

 

ですので、一緒に来た男性以外は他人というスタンスを固持するのではなく、相手が誰であれ心をオープンにしていつでも話したり話しかけられたりできる空気作りを意識しておくのです。やはり、人見知りしないで誰とでも気さくに話す女性と言うのは断然魅力的だからです。

 

そして、そういう女性と話すマスターたちは、次第にテンションが上がっていき、機嫌が良くなっていくものです。すると、そこの空間は自然と居心地がよくなり、ずっとその場にいたいという衝動に駆られます。他にも、もし、男性があまり話すのが得意ではなかったとしても、彼女の方がその場の空気を呼んで、まずマスターと会話を弾ませてから自分の方へ会話を振ってくれることがあります。

 

これは男性側としては非常にありがたいものです。それは、自尊心を傷つけられることなく実にスマートなやり口でその場の居心地の良さを増してくれるものだからです。更に、男性はそんな気配りが出来る美しい女性に対して、「こんなに気が利く女性を連れて来て鼻が高い」という気分をも味わえるのです。

 

 

まずは店内の雰囲気を楽しむこと

他にも、次のような女性は評価が高いです。お店に入ったときに真っ先にメニューを食い入るように見るのではなく、まず、店内の雰囲気を味わうかのように、じっくりと見渡す。そこで、絵画や食器、置物など、気になったものはそのまま口に出して聞いてみる女性です。結果的にその言動は誰が見てもかなり知的に映りますので、極論を言えば、それを飛ばしていきなりメニューに没頭するなんてことはあってはならないのです。

 

他にも、店内に有名人のサインがあるようなケースです。そうしたお店のオーナーというのはそれらサインに触れられれば絶対に嬉しいもの。ですから、その辺を汲み取ってあげて、目に付いたものをサラリと会話のネタにするのです。そうすればほぼ間違いなく、第一弾の、目に見えない壁を打破できますので、お互いの距離は一気に縮まりその後の会話はスムーズにいくのです。

 

どんなにお腹が減っていても、間違ってもいきなりメニューに見入らないことです。そんな女性は、食べることにしか興味のない人間ということで男性からは相手にされません。ですので、女性は一連の動き(※お店に入ってまず店内を見渡す)の徹底を頭に叩き込んでおくことです。

 

フレンドリーに誰とでも笑顔で話せる女性というのは、男性にとっての理想像とも言えます。ですから、一連の言動に落ち度がないようにしておくことが必要なのです。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL