表情豊かな女性は男性に好かれる

表情豊かな女性

女性の皆さんに気にかけておいて欲しいポイント、それは表情を豊かにすることです。いつも判で押したような顔をするのではなく、喜怒哀楽すべてを表現できるようにしておくのです。言うまでも無く、そうした女性は周りの人と比べて遥かに魅力的だからですね。

 

ある女性を例に挙げてみれば、その彼女は実にいろんな表情を持っています。嬉しいとき、悲しいとき、つまらないとき、驚いたときなど、とにかく変幻自在。そしてそのどの顔もまったく嫌味がなく、それどころか愛しくさえあるのです。愛らしいわけですね。その女性は頭の回転が早いので、状況に応じたベストな顔をすることが出来るのです。そしてその顔を前にした男性陣は皆イチコロとなってしまうのです。

 

しかしここで注意すべきは、『状況に応じて』ということ。男性にとって魅力的だからといって、そうした表情を会社でしたのではいけません。むしろ会社では表情豊かでいる必要はなく、その逆で、あまり顔を変えないほうがベターです。

 

表情と気持ちは、例え表情の方をわざと演じていたとしても少なからず連動します。ですので、仕事をしているときに、ムッとした顔などしてはいけません。また同じように、仕事が思い通りにスムーズに運ばないからといって不機嫌になる、口を尖らせるようなこともいただけないのです。

 

そうした表情というのは、気心知れた恋人同士の喧嘩でふと出るのであれば可愛いのでしょうけど、仕事場となれば話は別。そんな幼稚で、情緒不安定な女性などとは関わりたくないというのが周りの本音です。そして結果的に、誰からも相手にされず寂しい思いをするのは自分ですから、仕事場では常に、『表情はあまり変えないこと』を気に留めておきましょう。

 

 

喜怒哀楽を柔軟に表現する

さて、一方、仕事場以外では思う存分アナタの豊かな表情を発揮してください。言うまでも無く、女性がその都度表情を変える仕草は男性の大好物で、『可愛い』と心惹かれるものです。逆に男性は女性から、クールにしている表情がカッコイイとされています。当たり前ですがこのように男女ではそれぞれポイントが違うことを今一度押さえておくことです。

 

悲しいと感じたときに泣いてOKなのは女性だけです。また、異性の前でふくれっ面をして良いのも女性。ここで間違っても男性が同じことをしてはいけません。

 

眼前の女性と一緒になって泣いたところでどうでしょうか? そんな女々しい男に誰が関心を持つことでしょう。ただただ気持ち悪いだけで、異性から相手にされることは間違いなくありません。また、そんな男は有事に頼りにならないのは明白ですから『男』としてすら見られないのです。

 

男たるものは、いかなる場面であってもどっしりと構えて冷静沈着でなければいけません。大の大人が女・子供のような言動をしたのでは回りの人たちは興ざめ。場合によっては鳥肌が立つほどに不快感をあらわにされることだってあるのです。

 

多様な表情をしていいのは女性のみ。つまり、それは女性の特権なのです。気持ちのおもむくままに表情を変えて、時には相手に自分の想いを伝えたり、その場を和ませたりと、それらは女性だからこそ出来るものです。

 

これを俳優の世界で見てみても、男優よりも女優の演技の方が印象に残るケースが多いのは、それだけ女優の方が表情を作るのがうまくて、また、それが自然だからです。生まれながらにしてそうした特技を持ち合わせているのですから、それを使わない手はありません。豊かな表情で意中の人をトリコにして、また、周りの人間をハッピーにさせるのです。

 

皆さんにお願いしたいことは簡単です。それは、毎日、自分が女優になった気分で生活すること。意識的に表情を作って、周りの人気者になってください。そうすれば自然と、アナタに惹かれる男性は数を増していきます。そのなかでベストな人と一緒になれば良いのです。

 

くれぐれも、固い表情のまま日々を過ごさないこと。表情に動きがない女性は周囲に陰のイメージを与えるだけで、それは自分にとって何ひとつ良いことなどなく、損でしかありません。とにかく、表情豊かに。これだけは忘れないことです。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL