理想的な女性像を明確にして友人知人の力を借りる

idealized

「いつになったら自分は素敵な人と出会えるのだろうか?」

「このままでは、ひょっとしたらずっと独り身のままで終わってしまわないだろうか?」。

異性となかなか出会う機会のない人たちは様々な不安に駆られることでしょう。でも、そんなことを考えている暇があったらとにかく行動してください。出会いが向こうからやってくることはなく、自分で動かなければ何も始まりません。結婚相談所に登録したり、婚活パーティーに出席するなど、あらゆる方法があるはずです。

 

まず、婚活サービスを使わないのであれば、目的意識を明らかにして自分で探すのか、あるいは回りの人間に相談して紹介してもらうのかという手もあります。それにはまず、自分の理想とする女性像を描き、好みの人たちはどこにいるのかをイメージします。そして、大体の見当が付いたら今度は、自分はそうした人たちと出会うことが出来るのか、どうしたら会えるのかを考えます。

 

無闇やたらと出会いを求めるのではなく、「自分にとっての理想的な女性を探すにはどうすれば良いのか」を明確にした方が、その後の行動はシンプルになります。自分で行動して何とかなるのか、居そうな場に自ら赴きコミュニティの類に入った方が良いのか、友人知人の力を借りた方がスムーズなのかなど、アナタのやるべきことがより具体的になるということです。

 

 

恋人や配偶者がいて当たり前の時代ではない

一方でごく稀に、アナタがまったく意図していない所で理想的な出会いの可能性が眠っている場合もあります。ですので、そういうチャンスを逃さないために、周囲の人に「良い人がいたら紹介して」と公言しておくのもポイントです。

 

中には、なんとなくこのフレーズに軽薄な印象を受ける人もいるかもしれませんが、それはあくまでも本人のキャラクター次第。相手にしっかり「お願い」という形で伝えておけば決してそんなことはないのです。

 

また、このフレーズを言うにはそれなりにハードルが高く、ほとんどの人が恥ずかしく感じるでしょうが、それもまた誤解です。恋人や配偶者がいて当然なのではなく、今はいないことが引け目になることはない時代です。ですから、異性を紹介してもらうことを恥じるのではなく、普通のこととして構えておくことです。

 

アナタからのお願いを受けた周囲の人は、毎日必死になって探すことはないでしょうけど、日々の生活において「彼(彼女)からそんなこと言われたなぁ」と、無意識に気にかけるようになります。すると、今まで一人で動いていた出会いの確率が、2倍にも3倍にも膨れ上がっていくわけですから、ベストなパートナーと出会える可能性も飛躍的にアップするのです。

 

しかし、友人知人を介して良い人を紹介してもらうには、常日ごろからアナタが回りの人たちと良好な関係を築いていなければなりません。当たり前ですが、周りから好意を持たれていない人が、紹介してもらえることなどはないのです。

 

それは、紹介する側の立場もありますし、そもそもそれほどのことをするに値しない人でなければ始まりません。ですから、婚活に限らず、いざという時に快く力を借りるためには、回りの人間とのコミュニケーションをないがしろにしてはいけないわけです。

 

 

 【成功する交際法】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL