異性をジロジロと見るのはいやらしく、下品である

嫌らしく下品

女性は男性をジロジロ見つめてはいけません。いやらしく、下品だからです。しかし巷では、相手男性をしっかり見ることこそが正義だという誤った知識がまかり通っていますので要注意。決してそんなことはないのですから。

 

相手から視線をそらさないことこそが、自分の愛情表現だと思い込んでいる女性がいますが、まったくそんなことはありません。男性への視線はほどほどにしておいた方が愛情表現になるのです。ここを履き違えてはいけません。元来、人を見つめるという行為自体、恥ずかしいものとされていました。その恥ずかしいことを、恋愛だからといってやって良い理由などはどこにもありません。

 

また、冷静に考えて欲しいのですが、見つめることが本当に愛情表現になるのでしょうか。もし、アナタが男性の立場であったらきっと相手のそうした行動に息苦しさを覚えるはずです。そう、見つめられることは一線を越えると、不快感を感じるものなのです。

 

反対に、男性は女性をジロジロと遠慮なく見ているものです。またそうでなく、チラッ、チラッ、と控え目だとしてもやっていることは一緒。女性が知らないところで、男性陣は熱い視線をずっと送っているのです。言うまでも無く、これは非常に無礼で、いやらしい行為です。ある程度常識を備えた大人であればそういう行為はしないでしょうが、しかし一般的に、多くの男性はこうした行動をさり気にしているものです。

 

男性に比べて女性は、ジロジロ見る比率は圧倒的に減ります。大部分の人が非常識だということを知っているからです。そのためジロジロなんてもってのほかで、「チラッ」というのが大半。これは、男女の性質上の違いが大きく影響しているのでしょう。どういうことかというと、男性というのは本質的に「いやらしい」生き物ですが、女性はそうではないからです。

 

多くの女性は、会った瞬時に、すべてを捉えます。ジロジロ見るのが無礼に当たることを心得ているからで、そのために、一度の視線で可能な限りの情報を入手するのです。相手の顔立ちはもちろん、容姿や服装などをすぐさま確認して、自分のタイプかどうかを判断するのです。

 

またこの時、女性は相手の雰囲気をもチェックしているので、好き嫌いの判断が明確に行えるのです。後は、極力相手と視線を合わせないように、若干うつむき加減で胸を高鳴らせばいいだけ。そんな女性は誰が見ても愛らしく、可愛いものだからです。そして、そんな人を男性は探しているのです。

 

 

“ちら見”で美しさに拍車がかかる

つまりは、その真逆、男性をジロジロとなめ回すように見る女性に魅力はありません。愛らしさも可愛らしさもないばかりか、そんな女性は、欲求不満の塊にしか映らないのです。男性は遠慮のないそうした視線をしっかりと感じています。そして、異性からの視線というもの自体がいやらしさを内包するものですから、そのまま男性を見続けることはすなわち、性的な行為を要求しているとさえ思われるのです。

 

目は口ほどに物を言うというコトワザがあるように、これはあながち間違ったものではありません。ところが、現代の女性はそのことを分かっていないので始末に終えないわけです。だからこそ、より注意して欲しいのです。

 

女性の美しさは、恥じらいによるものでより磨きがかけられていました。男性をチラッとしか見ないからこそ、その美しさは際立っていたのです。また、だからこそ清楚なイメージもあったのです。

 

そこにきて、「異性と話すときもしっかりと目を見て話すように」、というのはちょっと違います。いや、だいぶ違うのです。友人知人、家族などと話すときは確かにその通りですが、恋愛のシーンでは必ずしも目を見て話すのを推し進める必要はありません。そう、それは誤った知識なのです。

 

きっとアナタは一度視線を合わせただけで、自分のタイプかどうかというのが分かるはずです。であれば、あとは決してジロジロ見ることなく、胸を張るというよりは気持ちうつむき加減で、必要に応じて視線を合わせれば良いのです。

 

時代の流れに合わせて、女性も相手男性をしっかり見つめるというのは、実はナンセンス。そんないやらしい行為をここまで注意したにも関わらず続ければ、最も避けるべき肉体関係だけで終わりかねません。言うまでもなく、婚活という人生の一大事に取り組んでいる人にとって、そんな関係などは誰も望んでいません。

 

人を見るというのはいやらしいものだということを今一度認識すること。だからこそ、女性は必要以上に男性を見つめてはいけないのです。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL