婚活で人気なのは気が利く女性

人気は気が利く女性

婚活で人気があるのは、やはり気が利く女性です。主張が強過ぎたり、自分勝手な女性は、どんなに容姿が整っていても相手にされません。それは、恋愛ではなく婚活の世界では尚更です。男性は結婚相手に、「一緒にいてリラックスできて、楽しめる」人を求めています。気が利かない女性など選択肢に入ってこないのです。

 

さて、この気が利く女性について、職場を例に見て行きましょう。一般的に、自分の勤める会社で上司を立てない人、気が利かない人というのは、若い女性ほどに多いものです。それは単純に、社会経験が少ないためで、そうした慣習を知らないのです。

 

日本の社会の面倒くさいところは、こうした、『男性を立てる』ことに代表されるものが多々ある点です。外資系企業であれば笑われてしまうようなことが未だまかり通っている現実があります。とは言え、郷に入れば郷に従えではありませんが、今を生きる私たちも古来の慣習にはそれなりに対応しなくてはならないのです。

 

上司の立て方を知らない若い女性といえば、だいたい大学を卒業して数年、20代後半ぐらいまでがそれに当たります。若いと言ってもこれぐらいになると、仕事もある程度ひとりでこなせるようになり、回りからも信頼される立場になっています。

 

しかしそこに来て、自分が必死に成し遂げた成果をそっくりそのまま上司の手柄として持っていかれてしまったのではどんな気分でしょう。正直、やってられませんよね。でも、こうした悪しき慣習こそが先にも言ったように、日本の企業でまかりとおる現実なのです。

 

そして、その手柄に関して誰も、「それはおかしい」と待ったをかけることはなく、上司の上司、つまり、課長や部長、ひいては役員といった上のポジションの人もそのまま当の本人ではなく、手柄を横取りしたアナタの上司を評価します。なぜなら、その人たちも同じようなことをして出世してきたからに他ならないからです。

 

 

上司に可愛がられる女性になる

男性であれば、こうした悪しき慣習をグッと呑み込むことが出来ます。それは若いうちに苦労や、理不尽なことも我慢しておけば、いずれ自分が年を重ねていった際に評価される時が必ずやってくるのが分かっているからです。なぜなら、それが『組織』というものだからですね。

 

組織には組織のルールがあります。好き嫌いは別として、社会に出てサラリーマンとして働いているのであれば、従わなければならない暗黙のルールというのが必ずあるのです。

 

その最たるものが、部下は上司を立てて、上司は部下に試練を与えることなのです。ここで『成果』のみに目を向けると、上司に手柄を横取りされたということで片付けてしまいがちですが、実際は、子を育てる親の気持ちと同様で、早くひとり立ちして欲しいからこそ厳しく接するという面も隠れされているのです。

 

しかし、女性は男性と違いそんなルールに付き合ってはいられません。物理的に残された時間がまったくないからです。30歳を過ぎれば結婚を機に寿退社する人は増えていきます。つまり、実質20代までが全力投球できる期間だとすれば、その必死になって働いた期間の成果を横取りされたのではたまったものではありません。上司の手柄云々に付き合っている場合ではないのです。

 

でも、ここで正論を主張したところで組織のルールが覆ることはありません。そう、古来の慣習を変えるのは簡単ではないのです。であれば逆に、いかに気持ちよく、楽しく働くことが出来るかについて思考をチェンジさせます。そしてその答えは、上司にかわいがられるような人間になるのがコツだということ。

 

会社にいる時は上司に面倒をみてもらい、自分が楽しめる環境を自らの手で作り出すのです。そのためには、考え方を180度転換させて、「自分の成果は上司に気前良く譲る」という姿勢を持つのです。どうせ奪われるのならば、自ら差し上げた方が気分も良いはずです。これは、これからずっと働く意思がある場合でも、寿退社を考えている場合でも同じこと。

 

働いている間は、自らで『働きやすい環境』を作る努力をするのです。そのためには、思考を柔軟に変化させていく必要があります。そして、上司を立てることはつまり、『気の利く女性』に直結するものだというのを認識するのです。男性は気の利く女性が大好きですから、逆説的に見れば、そのために上司を立てれば良いことが分かるでしょう。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL