相手への気配りを自然に出来る女性になる

気配り

アナタは異性に対して印象を残せる女性でないといけません。それは何も強烈なインパクトを与えるといったことではなく、さり気なくも心に残る言動を心がけるというものです。

 

例えば、会社やアナタが所属しているグループで飲み会があったとします。そのときに、間違っても男性と同じテンションでお酒をガンガンに飲んだのではいけません。百歩譲ってそれが許されるのは10代の学生の頃までです。

 

20代も後半になれば、そんな飲み方をしている女性などは男性から見向きもされず、軽蔑の眼差しを向けられて終わりでしょう。婚活の席はおろか、他のシチュエーションにおいても誰もそんな女性などは求めていないのです。

 

もし、アナタが羽目を外したいのであれば、それを男性がいる場では決してしないこと。同姓の友人と一緒のときか、自宅だけでするようにしてください。男性は女性がだらしなく酔っ払っているような姿を見たくありませんし、ましてや魅力などはどこにも感じないからです。

 

若い頃は逆に、お酒を飲む女性がもてはやされることもあったでしょう。しかしそれは男性側に、「下心」があったからで、お互いに30代も過ぎればそんな性欲は薄れ、地に足の着いた生活感のある、おおらかな女性に人気が集まるものです。

 

では、具体的にどういった女性像が理想的なのでしょうか。それは、飲み会の席であれば、極力自分のあらゆる欲を二の次三の次に出来る人です。少人数で飲んでいたときに、皆心地よく酔っ払えば、会計時にまともに受け答え出来る人はひと握り。ですので、そこで率先して会計に回れるような女性になるのがポイントです。でも、それはつまり、自分は酔っ払えないということですから必然的にお酒の量をセーブする必要があるのです。

 

また、酔っ払い過ぎた人がいれば、「大丈夫だろう」と勝手に決め付けずに、見送ったり、タクシーを手配してあげたりと、最後まで世話をしてあげることも重要です。このとき、場合によっては誤解した同性からの嫉妬や批判を受けることもありますが、そんなことにはいちいち構わないようにします。

 

そもそも介抱してあげたことぐらいで変な噂を立てるような人などは今後一切相手にしないでOK。アナタの人生にはまったく必要の無い人間だからですね。そのため、その人間が何を言おうがすべて受け流し、関わらなければ良いだけなのです。

 

 

頑張りは必ず報われる

アナタがやるべきことは、最後の別れ際に、「お疲れ様、気を付けて帰ってくださいね!」と笑顔で見送ることです。脇役に徹したアナタの労力はかなりのものでしょうし、また、周りが良い気分で酔っぱらっていても自分だけはシラフ。きっと損をした気分を味わうかもしれません。でも大丈夫。なぜなら、アナタのそうしたがんばりは必ず誰かが見ているものだからです。これは間違いありません。

 

それがキッカケで恋愛関係に発展するかどうかは分かりませんし、ましてや、アナタの恋愛対象にならない人間の場合ももちろんあるでしょう。でも、誰からの評価も受けられないことは無いのでご安心を。アナタのその時の姿は、誰よりも美しく輝いているものです。

 

ここで注意したいのは、その美しさに偽りがあってはいけない点でしょう。要は、計算して行動してはならないということ。もし計算して動けば、そんなのは他人に見透かされてしまうものです。

 

それは、本人が完璧に立ち居振舞ったという自信があったとしてもです。人間の嫌らしさというのは、隠しようがなく、ふとした時に出てしまうものだからです。ですので、そうした言動を当たり前のこととして常に出来るようになるのが求められるのです。

 

相手に対する気配りは一朝一夕に身につくものではありません。それを習慣にして、体に覚え込ませる努力をするのです。普段の生活から癖にするということはつまり、飲み会の席だけではなく、会社の中、通勤時のバスや電車の中、ランチタイムの飲食店の中と、あらゆる状況で周囲に配慮しておくことが必要となります。

 

しかしそれを億劫に感じるか、あるいは、自分のためになると考えて行動するかで結果は真っ二つに分かれます。そしてその結果がそのまま将来の幸せの度合いに比例するものですから油断は決して出来ません。常日頃から周囲に気を配ることが出来れば、そんな女性を世の男性が放っておくはずがないのです。

 

 

 【モテる女性の秘訣】他のポイントもこちらからご覧ください

 


4つの婚活スタイルに分けて、それぞれ当サイトが自信を持ってオススメする婚活サービスをご紹介しています。

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL